茅ヶ崎で建てるこだわりの注文住宅 » 【特集】木材ブランドの家で暮らす魅力とは » 富士ひのきの家

富士ひのきの家

富士ひのきの家の特徴

富士ひのきの特徴

他のヒノキよりも硬くて強度が高い木材

富士ひのきとは、静岡県の富士市・富士宮市・御殿場市・沼津市・三島市・裾野市・長泉町・小山町・清水町の6市3町で植栽されているヒノキを指します。その品質の良さが評価されたことで、ブランド化されました。駿河湾に面した温暖な気候と火山灰地質で育った富士ひのきは生育が遅く、年輪の間隔が狭いのが特徴。そのため他の地域のひのきよりも硬くて強度が高いのです。静岡県富士市の木材生産のうち、約80%はひのきです。それを活用するために、1999年に富士ひのき加工協同組合で木材加工工場が稼働。そこで生産するひのきを「富士ひのき」と呼ぶようになりました。

富士で植林が始まったのは明治30年代。静岡県山林協会が植林事業を行っていた静岡県出身の実業家・金原明善(きんばらめいぜん)の指導を受けて、桑崎に植林しました。その後、地元の内山組合に植林作業は受け継がれていき、富士山の南麓地域で植林が広がっていったのです。第二次世界大戦中にほとんどが伐採されましたが、戦後再び植林をしたので、今でもたくさんの上質なひのきが植えられています。

富士ひのきで建てる家のメリットや魅力

部屋の湿度のバランスを整えてくれる

富士ひのきで建てる家のメリットや魅力
■除湿機能が得られる
ひのきはセルロース質という細胞からできています。細胞内には小さな空間があり、水分を吸収する性質があります。空気中にある温度と湿度の変化に合わせて、水分を吸ったり放出したりして部屋の湿度のバランスを整えてくれます。
■強度がある
火山灰地質の過酷な土壌条件で育った富士ひのきは成長が遅いのが特徴。成長が遅いと年輪の間隔が狭くなり、その分ひのきの材質が強くなります。木材は乾燥すればするほど強度が増します。自然乾燥だと2~3ヶ月で含水率は25%程度。富士ひのきは最新の遠赤外線低温除湿乾燥機を使って木材を乾燥させるため、含水率は15%以下にすることができます。
■信頼度が高い
富士ひのきには「富士ひのきマーク」が印字されます。マークがあることは信頼の証。安心と安全の家づくりを実現できるでしょう。
富士ひのきを取り扱っている
茅ヶ崎エリアの会社はこちら

山下建設

山下建設_富士ひのき_物件画像

引用元:山下建設公式HP
http://www.howz-yamaken.co.jp/report/case54/

茅ヶ崎で富士ひのきを扱うおすすめのハウスメーカーは、「真面目にコツコツ」をモットーに家づくりに取り組む「山下建設」です。 山下建設は、神奈川県湘南エリアで注文住宅を手掛けているハウスメーカー。創業75年の実績と経験があり、信頼度も高いそうです。 そんな山下建設では神奈川県の風土に適している木材にこだわり、主要構造の土台と柱に「富士ひのき」を採用。 近県の上質な木材を使って、健康・安全・安心にこだわって家づくりを手掛けるのが山下建設の魅力です。 人気の高い富士ひのき以外にも安全性や健康面で評価されているブランド木材も取り扱っています。
住所 神奈川県大和市柳橋5-7-10
アクセス 小田急江ノ島線「桜が丘駅」より徒歩13分
営業時間 9:00~18:00(第1・3火曜・毎週水曜・祝 (他GW・お盆・年末年始)を除く)

山下建設に
電話で問い合わせる

家の構造材に最適!
最高級ブランド木材をチェックする

茅ヶ崎住民30人が選ぶ!住んでみたい注文住宅5選

関連ページ一覧