茅ヶ崎で建てるこだわりの注文住宅 » 茅ヶ崎で注文住宅を建てたオーナーのこだわり特集 » 一年中サーフィンを楽しむための家

一年中サーフィンを楽しむための家

趣味のサーフィンを楽しめる家づくりを考えている人必見!サーファーこだわりの工夫が施された注文住宅の施工事例を紹介します。サーファーズハウスを施工するときのポイントをチェックしながら、理想の家づくりの参考にしてみてください。

サーフィンライフを楽しめる工夫が施された家

木製ドアを開けると、玄関のすぐ脇にはサーフボードやウェットスーツを収納するスペースが設置されているのがこだわりポイント。サーフィン好きならではのこだわり空間が広がります。

収納スペースはウェットスーツがかけられるようになっているので、玄関で乾かすことが可能です。濡れたウェットスーツを家のなかに持ち込まずにすむので、汚す心配もありません。

高さのあるサーフボードも、縦に立てかけてラクに収納できるようになっており、室内でサーフボードをおしゃれにディスプレイすることができます。いつでも気軽にサーフボードを担いで海に繰り出すことができますよ。

家の外には屋外シャワーが設置されているため、海から上がって室内に入る前にサーフボードやウェットスーツについた海水や砂を洗い流すことが可能。室外シャワーから室内の水廻りに直行できる動線も確保されています。サーフィンライフを楽しむ工夫が施された、まさにサーファーのための家です。

サーフィンを楽しむ家1
引用元:サンキホーム公式HP
(https://www.sankihome.co.jp/construct/detail01.php)

白とブラウンの組み合わせがマッチしたアジアン風の室内

白とこげ茶のウッディを基調とした外観と、三角屋根が印象的な家。白い外壁は海辺の砂浜を連想させます。

スタイリッシュな外観とは反対に、室内は白とブラウンの2色で統一されたアジアン風。ダークブラウンの塗装で施された無垢の床が、アジアンテイストの家具によくマッチしています。無添加漆喰で仕上げた白い壁は、見た目が美しいだけでなく調湿効果も期待でき、過ごしやすい空間をつくりあげます。

リビングルームはゆったりとくつろげる広さがあり、リビングの天井は勾配天井となっていて開放感のある空間を演出。リビングの横には室内の色と統一感を持たせたウッドデッキがあり、大きな窓を開放することで室内とつながったウッドデッキをセカンドリビングとして活用することができます。

サーフィンを楽しむ家2
引用元:サンキホーム公式HP
(https://www.sankihome.co.jp/construct/detail01.php)

サーファーズハウスに欠かせない設備

茅ヶ崎に注文住宅を建てたいサーファーは多いはず。あるいは、サーファーの聖地と呼ばれる茅ヶ崎で注文住宅を建てるのであればサーフィンを始めたいと考えている方もいるでしょう。サーファーにとって憧れの家と言えるのが、サーフィンに必要な設備を揃えたサーファーズハウスです。具体的に、どのような設備を揃えればよいのでしょうか。

野外シャワー

サーファーズハウスにマストといえる設備が野外シャワーです。野外シャワーがあることで、身体についた海水と砂を落としてから家へ入ることができます。ポイントは、ホース付きシャワーにすること。壁に直付けするシャワーの方がお洒落かもしれませんが、実用性はホース付きシャワーの方が上です。身体やサーフボードを洗いやすいので、こまめに利用する方はこちらを選ぶと良いでしょう。

野外から入れる脱衣所とお風呂

マストとは言えませんが、あると便利なのが野外から入れる脱衣所とお風呂です。野外シャワーで海水と砂を落としてから、そのまま脱衣所とお風呂へ移動できれば室内を濡らす心配がありません。また、冷えた体をすぐに温められます。ウェットスーツの管理をしやすい点もポイント。できれば設置したい設備です。

ウェットスーツ干し場

サーフィンを目いっぱい楽しみたい方は、ウェットスーツを干すスペースも用意したいところ。条件は、雨を防げる日陰で風通しが良い場所。乾くまで時間がかかるので、急な雨に対応できる場所であればベストです。以上に加え必要なのが、濡れたウェットスーツの重量に耐えられる物干し竿。サーフィンを目いっぱい楽しみたい方は、専用のスペースを確保するほうがよいかもしれませんね。

サーフボードのリペアスペース

本格的にサーフィンを楽しむ方であれば、サーフボードのお手入れは自分で行いたいはず。自宅にリペアスペースを用意しておくと便利です。ワックスを塗る、傷を修復するなど、至福のときを味わえます。屋外でも構いませんが、できれば屋内に設置したいですよね。少し贅沢かもしれませんが、趣味の家を建てるのであれば検討する価値はあるでしょう。

サーフボード置き場

注文住宅を建てるのであれば、自慢のサーフボードを飾るスペースも考えておきたいところ。機能性はやや劣りますが、お部屋のインテリアとして活用できるプランを練っておくとスペースを有効活用できます。リペアスペースを設ける方は、そちらにサーフボード置き場を用意すると便利かもしれません。

ウッドデッキ

以上のほかでは、あると嬉しいのがウッドデッキです。海から上がった後に、温かいコーヒーを飲みながらゆったりと過ごすことができます。少し大きめのウッドデッキを設置すれば、サーファー仲間と楽しい時間を過ごすことも可能です。サーファーズハウスならではの設備ではありませんが、設置を検討するべき設備といえるでしょう。

サーファーズハウスは塩害などに注意

以上の設備を備えたサーファーズハウスを建てれば、自宅にいながらサーフィンを目いっぱい楽しむことができます。この点はメリットですが、海沿いに家を建てることになるので塩害などに注意が必要です。

潮風に乗って塩が運ばれてくるので、野外にある金属は錆びやすくなります。自転車、自動車、エアコンの室外機、給湯器などは寿命が短くなりがちなので注意しましょう。同じく、風に乗って運ばれてきた砂が室内へ侵入することもあります。海沿いにサーファーズハウスを建てる方は、デメリットがあることも理解しておかなければなりません。

注文住宅会社に相談すれば、塩害などを軽減することはできます。心配な方は、茅ヶ崎に強い注文住宅メーカーで相談すると良いでしょう。

茅ヶ崎住民30人が選ぶ!住んでみたい注文住宅5選

関連ページ一覧
茅ヶ崎在住30人が選んだ
住んでみたい注文住宅ベスト3

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に5社のモデルハウス画像を見せ、住んでみたい家を1つだけ選んでもらいました。投票数が多かったのは以下の住宅。詳細は公式サイトで確かめてみてくださいね!(アンケートは2017年11月19日、茅ヶ崎駅南口で実施)。

投票数7/30
BinO
共通3選_BinO
引用元:BinO公式HP
http://www.bino.jp/modelhouse/nishikawa_liv224.php

BinOのHPで
施工例をチェック

投票数13/30
今出川建設
共通3選_今出川建設
引用元:今出川建設公式HP
http://www.imaken-yumekoubou.co.jp/modelhouse-2

今出川建設のHPで
施工例をチェック

投票数5/30
エバーグリーンホーム
共通3選_エバーグリーンホーム
引用元:エバーグリーンホーム公式HP
http://www.ever-chigasaki.com/modelroom/photo_access.html#photo

エバーグリーンホームのHPで
施工例をチェック

茅ヶ崎在住30人が選んだ
住んでみたい注文住宅ベスト3

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に5社のモデルハウス画像を見せ、住んでみたい家を1つだけ選んでもらいました。投票数が多かったのは以下の住宅。詳細は公式サイトで確かめてみてくださいね!(アンケートは2017年11月19日、茅ヶ崎駅南口で実施)。

    
投票数13/30
今出川建設
共通3選_BinO_sp
引用元:今出川建設公式HP
http://www.imaken-yumekoubou.co.jp/modelhouse-2

今出川建設のHPで
施工例をチェック

今出川建設に
電話で問い合わせる

投票数7/30
BinO
共通3選_今出川建設_sp
引用元:BinO公式HP
http://www.bino.jp/modelhouse/nishikawa_liv224.php

BinOのHPで
施工例をチェック

BinOに
電話で問い合わせる

投票数5/30
エバーグリーンホーム
共通3選_エバーグリーンホーム_sp
引用元:エバーグリーンホーム公式HP
http://www.ever-chigasaki.com/modelroom/photo_access.html#photo

エバーグリーンホームのHPで
施工例をチェック

エバーグリーンホームに
電話で問い合わせる