茅ヶ崎で建てるこだわりの注文住宅 人気のハウスメーカーNAVI » 茅ヶ崎で注文住宅を建てるための基礎知識

茅ヶ崎で注文住宅を建てるための基礎知識

茅ヶ崎周辺で、注文住宅に関する基礎知識をまとめました。入居までの流れやローンのしくみ、海近くの家の対策など。理想の家を手に入れるための情報満載です。

入居するまでの流れは?

注文住宅を建てるまでの流れを調査しました。資金計画から入居までを時系列でまとめています。しっかりと計画を立てることが理想的な家を手に入れる近道です。なんとなく計画を進めてしまうと後悔に繋がることも。建設会社からアドバイスをもらうことも大切ですが、任せっきりにしてはいけません。自分が住む家ですから、自分で決めることも大切です。

入居するまでの流れについて見る

間取りの決め方は?

間取りに関する成功例と失敗例を調査しました。理想通りの間取りにすることで快適な生活を手に入れた人や、スペースの関係で妥協した間取りだったけど住み心地が良かったという人も。広さだけを考えて設計してしまうと後から後悔してしまう可能性があります。成功例と失敗例を参考に賢い間取りの取り方を学びましょう。

間取りの決め方について見る

ローンのしくみは?

家を建てるときに、ほとんどの人が利用する住宅ローン。ここでは注文住宅を建てる際に必要となるローンのしくみを解説しています。一口に住宅ローンと言っても仮審査や本審査、つなぎ融資までさまざま。各工程で必要な流れを調査し、費用をできるだけ抑える方法も載せています。注意点についても載せているので、ぜひご覧ください。

ローンのしくみについて見る

会社の選び方は?

注文住宅を建てるときに、こだわって選びたいのが建設会社。依頼先によって家の仕上がりに違いが出ると言っても過言ではないでしょう。希望の住宅を手に入れたいなら、要望に応えてくれる業者を探すことが重要です。ここでは、信頼して施工を任せられる建設会社のポイントをご紹介。注文住宅を建てたいと考えている人は必見の内容です。理想の家を手に入れるための参考にしてください。

会社の選び方について見る

海沿いならではの対策は?

気持ちのいい海風を感じながら、きれいなサンセットを眺めて癒しのひと時を感じられる「海近くの家」。誰しも1度は憧れる家ではないでしょうか。魅力的ではありますが、塩害や湿気など多くの対策が必要なのも事実。メンテナンスは大変ですが、ポイントを押さえることで家を長持ちさせることができます。ここでは、対策をまとめて解説しているので、ぜひご覧ください。

海沿いならではの対策について見る

土地選びのポイントは?

土地から探して注文住宅を建てる場合の基本的な流れと、押さえておきたい5つのポイントを紹介。しっかりポイントを押さえて、無駄なお金を支払ったりなどのミスがないようにしておきましょう。

土地選びのポイントについて見る

二世帯住宅を建てるポイントは?

二世帯住宅を建てる場合は、間取りによって受けられる補助金や給付金が異なります。「完全同居型」「部分共用型」「完全別居型」の3つ間取りについてそれぞれの特徴やメリットを紹介。

他にも給付金や補助金を受け取るための条件について、二世帯住宅を建てた人の失敗例や成功例、二世帯住宅で暮らしてからその後の相続税についての対策方法をまとめました。

茅ヶ崎で親御さんと一緒に暮らす家作りを考えている人は、一度チェックしてみてください。

二世帯住宅を建てるポイントについて見る

保険の基礎知識

湘南・茅ヶ崎は、海のそばにあるおしゃれな町として人気があります。東京への交通アクセスもよく古都・鎌倉にも近い。憧れの茅ヶ崎に、自分らしいこだわりの注文住宅を建てたい方も多いでしょう。でも、住まいには家事・地震・台風・水害・盗難など、さまざまなトラブルがつきもの。

ここでは住まいのトラブルに対応する3種類の保険「火災保険」「家財保険」「住宅保険」の特徴、メリットとデメリット、加入のコツなどについてご紹介します。

保険のポイントについて見る

話題の「狭小住宅(スモールハウス)」とは?

最近、都心部を中心に話題の「狭小住宅(スモールハウス)」。ポイントをきちんと押さえれば、小さくて狭い土地でも、おしゃれで暮らしやすい家にすることができます。

「狭小住宅」であれば、利便性の高い、人気エリアでマイホームを持つ可能性も。メリット・デメリットはもちろん、将来長く住み続けるために抑えておくべきポイントも調べましたので、ぜひご覧ください。

「狭小住宅(スモールハウス)」について見る

話題の「ZEH住宅」とは?

政府が2020年までに新築住宅の標準にすることを目指している「ZEH(ゼッチ)」をご存知でしょうか「ZEH住宅は省エネルギー能力に優れていることはもちろん、太陽光などの再生可能エネルギーシステムによって発電したり、発電した電気を蓄電して効率よく活用することで、消費と創出のエネルギー収支をゼロ以上にしています。

国の補助金政策を活用することでお得にZEHを建てることもできるので、ぜひチェックしてみてください。

「ZEH住宅」について見る

ローコストで建てられる注文住宅とは?

注文住宅にはそれなりの建築費用が必要ですが、一般的に「ローコスト住宅」と呼ばれる住宅であれば、コストを抑えて住宅を建てることも可能です。

ローコスト住宅であれば、坪単価30万円程度でマイホームを建てることもできるかもしれません。間取りやデザインなどでコストを抑えるために必要なことなど、ローコスト住宅のポイントをまとめてみましたので、チェックしてみてくださいね。

ローコスト住宅について見る

「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」の違いとは?

「注文住宅」には、「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」という2つの種類があります。フルオーダー住宅は間取りや外観のデザインをはじめ、ほとんどすべてを自分の理想通りにすることができますが、建築費用が高くなるなど、デメリットもあります。

セミオーダー住宅は、住宅メーカーの企画住宅を基本にしながら、住宅設備などのオプション部分を自分の好みにあわせて選択していく注文住宅です。それぞれの詳細について、詳しくみてみましょう。

「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」の違いについて見る

注文住宅の耐震性とは?

地震災害が多く発生する日本だからこそ、住宅を建てる際には、地震に対する備えもきちんとしておく必要があります。日本の建築基準法で定められている耐震基準や耐震等級について詳しくみてみましょう。また、混同されやすい「耐震」と「免震」の違いや、「耐震住宅」の特徴、メリット・デメリットについても調べてみましたので、参考にしてみてください。

注文住宅の耐震性について見る

工務店とハウスメーカーの違いって?

住宅を建てる際によく目にする「工務店」や「ハウスメーカー」といった分類。これらはそれぞれでどのように異なるのでしょうか?

工務店と一言で言っても実はさまざまなタイプがありますが、地域密着型の中小企業が多いのが特徴です。小回りが効くため、「設計の自由度が高い」などのメリットがあります。

一方、基本的にハウスメーカーは全国規模で展開しており、「住宅の品質が均一」「保証やメンテナンスの制度がある」があるなどのメリットも。くわしくチェックしてみてくださいね。

ハウスメーカーと工務店の違いについて見る

家を建てるときに知っておきたい工法などの基礎知識

家を建てるときに必要な基礎知識として、建築工法のメリットとデメリットを知っておきましょう。

日本では「木造軸組工法」、「2×4工法」、「RC造(壁式工法)」、「鉄骨造」、「プレハブ工法」の5つがあります。

それぞれの工法にはメリットとデメリットがあり、希望する住まいのスタイルや建てる土地の環境も考慮する必要があります。どのくらいの資金計画で住まいを建てるか決めることで、工法や間取りも決まっていくでしょう。

家を建てるときの基礎知識について見る

家を建てるためにまず必要なこと

親などから土地を譲り受けない限り、住まいを建てるためには「土地の購入」が必要です。不動産会社に相談し希望するエリアや予算感を伝えて、土地を探してもらうと良いでしょう。

一般的に購入する際に仲介手数料がかかるので、予算に組み込んでおきましょう。 ハウスメーカーや工務店が所有している土地を探してもらう方法もあります。所有している会社に住まいの建築を依頼することが購入条件となっている場合が多いので、予算や好みのスタイルから会社を選びましょう。

家を建てるためにまず必要なことについて見る

家を建てるための費用について

家を建てる費用には多くの項目が含まれています。土地代や建物代が大半ですが、他にも必要な費用があるので、確認しておきましょう。

まず、土地を購入するときに「手付金」が物件価格の約10%発生します。 住まいの設計前に「盤調査費用」、工事請負契約の際に「工事契約金」として工事費の約10%、着工事に「着工金」として工事費の約30%を支払います。

住まい作りのタイミングによって必要な費用が異なるので、しっかりと支払いスケジュールを確認しておきましょう。

家を建てるための費用について

家を建てるおすすめの年齢は?

家を建てるおすすめ年齢は30代といわれています。住まいは大きな買い物ですので住宅ローンを組むケースがほとんど。一般的に住宅ローンは30年組む人が多いので、逆算すると30代が住まいの購入タイミングに良いと分かりますね。

住宅ローンを組むには金融機関の借り入れ審査をクリアする必要があるため、年収や支払い能力を考えると30代以降がおすすめでしょう。子どもの誕生や高齢な両親との同居タイミングで住まいを購入する方もいます。

家を建てるおすすめの年齢について見る

家を建てる際の流れをおさらい

人生最大の買い物といわれるマイホーム購入の流れをご紹介します。

各ステップでの必要ポイントを確認して、納得のいく住まいづくりを考えている方に役立つ情報ですよ。

ステップ1:住まいづくりの全体像をチェック

家を建てようと思っても、すぐには動けません。というのも、土地や施工会社の選定、ローンの審査、外観や間取りの決定など、やることがとても多いためです。おおよそ1年ほど時間をかける必要があります。どのタイミングで資金調達や手続きが必要かを把握することが、住まい作りのスタートですよ。

ステップ2:住まいづくりの情報収集をしよう

次に行うのは住まいづくりの情報収集を行うこと。リサーチ方法は住宅情報誌、相談カウンター、ハウスメーカーや工務店のホームページなど多岐に渡ります。その際にどのような住まいを作りたいか具体性化しましょう。

ステップ3:住まいづくりに必要な法律知識を学ぼう

住まい作りの基礎知識がある程度ついてきたら、法律知識を学びましょう。土地の用途、道路などの接道義務、建築できる制限などが法律で詳しく定められており、こちらの条件を守った設計を行う必要があります。

ステップ4:住まいづくりのお金の流れを学ぼう

住まい作りに必要なお金は「土地代」と「建物代」だけではなく、他に「本体工事費」、「別途工事費」、「諸費用」を忘れてはいけません。また、お得に住まいを作るために「税金の特例措置」や「補助金制度」も確認しておきましょう。

ステップ5:住宅ローンの知識を付けよう

ある程度の土地や建物のイメージがついてきたら、具体的な資金計画を考える時期です。住まいの購入資金は「自己資金」と「借入れ」の2つがあり、年齢やライフプランに合わせて住まいに回せる資金を知りましょう。

ステップ6:住まいのパートナーを探そう

希望する土地と具体的な建てたい住まいの方向性が決まったら、土地探しや施工を依頼する住まいのパートナーを探します。「ハウスメーカー」、「工務店」、「設計事務所」のメリットやデメリットを理解して決めましょう。

ステップ7:注文住宅のプランを決めよう

住まいのパートナーが決まると、建てる住まいの設計に入ります。専門家のアドバイスを受けながら、しっかりと希望する条件を伝えましょう。その際、施工主の優先順位を決めておくと話し合いがスムーズに進みます。

ステップ8:建築中のチェックポイントはこちら

住まいの設計が決まると、いよいよ施工会社と契約を結びます。取り決めてから後戻りが難しいので契約書の内容に目を通し、納得できるまで担当者と話し合いましょう。建築中は定期的に出向いて進捗状況を確認してください。

ステップ9:引き渡しに確認をしっかり行う

建物が完成すると「竣工検査」を行います。そこで設計書と異なる部分や手直しが必要だと気付いたら、その場で担当者へ伝えましょう。そして登記手続きを行い、施工費用の残金を支払うことで住まいの引き渡しが完了します。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。