家を建てるためにまずやること

家を建てるには、まず情報収集を行うことが大切です。どういったところから情報を得ることができるか、得た情報の比較の仕方などを解説。これで家づくりのスタート方法が分かるでしょう。

住宅情報をしっかり集めよう

いざ家づくりを始めようと思ったとき、「こんな家にしたいから○○という会社を決めている」という方は珍しいでしょう。

具体的な住宅イメージをつけるためには、住宅情報誌や住宅雑誌をチェックするのが主流です。始めは、直感的に「こんな感じが良いな」や「住みやすそうだな」といった住まいをリストアップします。

そして、リストアップした住まいを手掛けたハウスメーカーや工務店を確認して、依頼してみたいリストをつくります。

また、施工例の収集と合わせて一般的な家づくりの施工方法や家づくりの流れも確認しておくことも大切です。

一般的な知識を持つことで、営業スタッフより具体的な住まいづくりの相談ができます。

インターネットで徹底リサーチ

「この会社に頼みたい」とハウスメーカーや工務店をリストアップできたら、まずは公式ホームページを確認しましょう。それぞれの強みや施工方法を分かりやすく解説しています。

さらに個別相談会や完成見学会の予定もアナウンスされるので、素早く気になる会社の情報を収集することができます。

公式サイトには「お客様の声」として、実際に住宅を建てた先輩方の口コミや間取りが掲載されていることも。こだわりポイントや失敗談などが載っているので、家づくりで注意したいポイントが分かります。

公式サイトだけではなくSNSや住宅情報サイトの口コミなども確認して、できるだけ多くの体験談や反省点を知っておくことが、家づくりを成功させるポイントです。

住宅相談カウンターで相談しよう

一般的な住まい作りの流れを確認するのにおすすめなのは、住宅情報誌を展開する出版社が運営する「住まいづくり相談カウンター」の利用です。

家づくり全体を分かりやすく解説してくれるので、家づくりビギナーの方の情報収集を行う手段として有効です。また、工務店には直接聞きにくい点なども気軽に聞けるメリットがあります。

どのハウスメーカーや工務店にお願いするか決められないときは、窓口スタッフに希望する住宅スタイルを伝えておすすめ会社の紹介をしてもらうといった使い方もできます。

モデルハウスに行ってみよう

ある程度住まいづくりの流れを理解でき、希望する住宅条件が決まってきたらモデルハウスいってみましょう。

一般的にモデルハウスは最高グレードで建てられているので、予算や間取りがイメージと合わないかもしれません。そのため、家全体のイメージというよりも、住まいの構造や営業担当との顔合わせといった位置づけで参加するのが良いでしょう。

見学中に疑問点があれば、その場で営業スタッフにどんどん質問しましょう。前もって質問したいことをまとめておくのも◎です。その際に、営業スタッフとの相性もみておくのもポイントです。

気に入ったモデルハウスの資料を持ち帰り、さらに家族内で検討すると良いですね。

気になる完成見学会に参加しよう

完成見学会のチラシを見たことはありませんか。近所で新築住宅が完成すると、入居前に内覧会を行う場合があります。

こちらはモデルハウスと違ってご自分で建てるイメージにより近い住宅といえますね。もし気に入っているハウスメーカーや工務店の完成見学会のお知らせがあれば参加しましょう。

ここでチェックしてほしいのは、坪数に対する間取りの取り方や収納力など、実際に生活する導線です。

デザインや価格が希望通りでも、使い勝手が悪いと住まいづくりは失敗と感じてしまいます。ぜひ完成見学会に足を運んで、ライフスタイルに合うか体感してください。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。