家を建てるおすすめ年齢

「家を建てる最適な年齢はいつなのか?」についてリサーチしました。

何歳の方がもっとも家を建てているのか、子どもの年齢別の注意点などを紹介します。家を建てるタイミングを学びましょう。

注文住宅の購入者は平均年齢44.1歳

初めて住宅を取得した方の年齢は30歳代が最も多いことが、国土交通省の報告書で読み取れます。

報告書の内訳によると、注文住宅を購入する人の年齢の割合は30歳代が38.6%、40歳代が21.6%、30歳未満10.4%、50歳代11.2%、60歳以上18.0%となっており、平均年齢は39.5歳でした。注文住宅を購入した平均年齢は44.1歳となっています。

住宅ローンを組む人が多いとはいえ、年収や自己資金の貯蓄も重要なポイント。注文住宅を購入した平均年収は400万~600万円が一番多く、やはり30代までに住宅ローンを組めるように準備をしておくのが良いようです。

子どもの誕生が購入タイミング

国土交通省の報告書では、子どもの誕生をきっかけとして注文住宅を購入する方が多いと分かります。

報告書の内訳によると、注文住宅を購入する居住人数は平均3.4人で、2人が21.1%、3人が28.6%、4人が32.8%、5人が9.7%でした。子どもにはのびのびと育ってほしいという気持の現れかもしれませんね。

育児や学習用品の収納に困らないよう、収納力に優れた注文住宅を希望する方も多いでしょう。また、未就学前に家を建てておくと、納得できる教育環境で子どもを育てることもできます。

子どもが増える可能性がある方は、後から間取りを増やせる設計を希望すると良いでしょう。

住宅ローンの返済年齢が重要

注文住宅を現金で購入するケースは珍しく、基本的には住宅ローンを組むことになります。

住宅ローンを組む際のポイントは「金利・税制優遇・年齢」の3つ。それぞれの注意点を確認しておきましょう。

金利

金利が高いか低いかによって返済する総額が大きく変わります。今は低金利なので家を建てるチャンスといえますね。金利は変動していくので、定期的に動向をチェックしておきましょう。

税制優遇

税制優遇策ですが、こちらも政府の方針によって変化します。今は増税後のマイホーム優遇制度が手厚いタイミング。こういった税制優遇策は期間限定なので、住宅購入前に情報収集してくださいね。

年齢

注文住宅ローンの返済期間は平均31.2歳と報告さています。逆算して30代に住宅ローンを組みたいという考えから、30代までに住宅購入を決意する方が多いということでしょう。 住宅ローンを組んで注文住宅を建てたい方は、ご自分の年齢と住宅ローン返済年齢をしっかり意識して購入時期を検討する必要があるといえます。

両親と同居するタイミング

両親が高齢で心配といった理由で、注文住宅の購入に踏み切る場合もあります。注文住宅ですと2世帯住宅をライフスタイルに合わせて設計できるため、お互いの生活同線にストレスを感じにくい住宅を実現できます。

両親との同居を考えている方は、共用部分を自由に決められる注文住宅を検討してみるのがおすすめです。

参考サイト

国土交通省「平成30年度(2018年度) 住宅市場動向調査報告書」【pdf】
   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。