工務店とハウスメーカーの違いって?

住宅を建てようとする際、どこで建てるか迷うことでしょう。施工業者を調べていると、「ハウスメーカー」や「工務店」といった分類をよく目にしますが、これらはどのように異なるのでしょうか?ここでは、ハウスメーカーと工務店それぞれの特徴や、住宅を建てる際のメリット・デメリットについても比較してみました。。

工務店とは?

工務店という言葉には、「町の小さな会社」、「社長が営業だけでなく自ら職人として働いていそう」といったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?基本的に工務店とは、社員数もそれほど多くない、地域密着型の地元施工業者のことを指します。しかし、近年ではこうした工務店とは異なるタイプの工務店も出てきています。

工務店のタイプ

近年の工務店には、以下の3つのタイプがあると言われています。

町にある小さな工務店

小規模な地元エリアで地域密着型の施工を行なっている工務店は、このタイプです。近所や商店街の一角にある、社員数名程度の職人さんたちが集まっているイメージに近いでしょう。

フランチャイズの工務店

本部の工務店が開発した工法や規格を使用するフランチャイズ加盟形式で展開しているタイプです。本部が一括で仕入れを行なっている建材などを使用しているため、コストダウンのメリットなどが期待できます。複数のフランチャイズ契約を結び、デザインや工法を選べる工務店もあります。

中堅ビルダー工務店

地域密着型ですが施工実績が非常に多くなり、規模が大手のハウスメーカーのように大きいタイプです。モデルハウスを設置したり、独自の住宅ブランドを持って営業展開をしている工務店もあります。地元はもちろん、近隣の県や地域にも支店を構えているほど広範囲なエリアで対応してくれます。

工務店のメリット

工務店で住宅を建てる場合、どのようなメリットがあると言えるでしょうか?

設計の自由度が高い

大手のハウスメーカーは高品質で提供できるということからすでにある規格住宅を提案されることが多いですが、地域の工務店であれば、より自由が高い設計を依頼することができるでしょう。木造・鉄骨造などの選定も比較的自由にできます。

複雑な設計であれば、地域の設計事務所と共同で動くことも可能ですし、キッチンやバス、トイレなど、基本的にどの設備機器メーカーにも対応することができます。

長期的なサポートが見込める

地元密着型で営業している工務店は、その地域で住み続けるにあたっても長いお付き合いができる、ということになります。ライフスタイルの変化にともなう住宅のメンテナンスやリフォームなど、地域の施工業者であれば対応も柔軟に行なってくれる会社もたくさんあります。ただし、点検や修理などのアフターメンテナンスの内容は工務店によっても異なってきますので注意しましょう。

工務店のデメリット

では、住宅を建てる際に工務店を選ぶことで考えられるデメリットには、どのようなものがあるでしょうか?

どの工務店が良いのか分かりづらい

モデルハウスなどがないことも多い工務店では、これまでの施工実例をwebサイトなどで公開していない場合、技術力やデザイン力を知ることが難しいため、優良な工務店かどうかわからない場合があります。

工務店には地元で良い家を作り続けることで口コミが広がり、その評判で営業を続けているところも多くあります。地域を歩き、名前をよく聞く工務店を調べてみる、また地域の友人や周囲で実際にその工務店で住宅を建てた人に話を聞いてみるのも有効です。

職人の腕に左右される

工務店では住宅の施工の出来具合が現場の職人の腕次第、という点もデメリットとして考えられます。また、小規模な工務店では、最新技術や動向の情報が入りづらい場合もあり、最新の省エネ設備などには対応できないこともあります。反対に凄腕の職人が在籍している工務店もあり、メリットとして捉えることも可能なので、口コミなどの情報収集は行うようにしてください。

自ら資金調達に動かなければならない

小規模の工務店では、住宅ローン連携のサービスなどがないこともあります。銀行ローンなどの金利チェックや支払い回数などについて、施工主自身で調べて管理しなければならないこともあるでしょう。

ハウスメーカーとは?

ハウスメーカーとは、基本的に全国規模で展開している住宅企業のことです。全国各地に支店があったり、住宅展示場に自社のモデルハウスを設置していたりします。

一口にハウスメーカーと言っても、それぞれ個性があります。例えば、ローコスト住宅を売りにしているところ、独自の技術力や建築方法を掲げていたり、優れたデザイン性をうたっている企業もあります。自分の理想や建てたい住宅のコンセプトに合わせて選ぶのも良いでしょう。

ハウスメーカーのメリット

それでは、ハウスメーカーで住宅を建てるメリットとしては、一般的にどのようなことがあると言えるのでしょうか?

住宅の品質が均一

ハウスメーカーでは、全国どこで住宅を建てても、ばらつきのない高品質な住宅を建てられます。建築用資材の加工を、建設現場ではなく自社の工場で行うことが多いのが理由のひとつ。建材の加工精度はもちろん、建築に用いる様々な部品の品質管理が行き届きます。このため、完成した住宅の品質も均一に保てるのが大きな強みと言えるでしょう。

独自の強みがあるメーカーも

ハウスメーカーには、全国規模の資本力を活かして、独自技術の開発のために自社の研究施設を所有しているところも多くあります。加工技術や建築方法、またデザインの素材などで、他社には真似できない、オリジナルの住宅ブランドなどを確立している企業もあります。

ローン審査に通りやすいことも

ハウスメーカーで注文住宅を建てると、「フラット35」などのローン審査に比較的通りやすいとされています。理由としては、ハウスメーカーが、木造や鉄骨造など、それぞれで特化している構造体を得意としており、耐震基準なども高く設定しているためです。

保証やメンテナンスの制度がある

ハウスメーカーでは、保証制度やメンテナンスなど、住宅を建てた後のアフターケアが体制として整っています。ただし、標準規格にはない間取りや設備を導入すると、不具合の原因が分かりにくくなり、これらを利用することが難しくなる可能性もあります。

ハウスメーカーのデメリット

次にハウスメーカーで住宅の施工を依頼する場合のデメリットについても、チェックしてみましょう。

要望が伝わりにくいことも

企業規模が大きいハウスメーカーでは、営業や設計、また工務などで部署が分かれているケースがほとんどです。そのため、社員の連携がうまくできていない場合、施工主の思い入れや要望がきちんと伝わらず、場合によっては、不具合の原因になりかねないことがあるので注意しましょう。

設計の自由度が低い

ハウスメーカーでは、基本的に自社で設計し、自社で施工を行います。そのため、自由な設計には限度があります。自由設定型であっても、間取りには一定のパターンが準備されていることがほとんどでしょう。自由な設計を求める場合、後述する工務店を検討するのも手段のひとつです。

費用が高いケースも

ハウスメーカーは企業の規模が大きいため、建築費用には、広告宣伝費や開発費などが含まれ、割高になるケースもあるようです。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。