「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」の違いとは?

自ら住宅を注文することで、間取りや外観などを自由に設計でき、希望にあわせた住居を実現することができる「注文住宅」。実は、この注文住宅には、「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」という2種類があります。

それぞれの特徴やメリット・デメリットをチェックして、注文住宅を考える際の参考にしてみてください。

フルオーダー住宅

フルオーダー住宅の特徴

フルオーダー住宅とは、外観や間取りといった図面の設計を始め、建築に使用する木材や断熱材などの種類、設備、インテリア等のメーカーの決定まで、ほぼすべてを自由に設計、選択しながら建てられる住宅のこと。理想の住宅を実現するために、自分自身の希望をとことん追求できます。

フルオーダー住宅では、住宅メーカーのスタッフは、知識面や技術面でサポートする役割になると言えます。施工主が主体的に住宅をつくっていく立場ですから、建築現場に行って自分でチェックする、といったことも可能です。一方で、依頼者側にも建築知識が必要とも言えます。

フルオーダー住宅のメリット

理想の住宅を実現できる

フルオーダー住宅の最大のメリットはなんと言っても、住宅に対する自分の理想を最大限に叶えることができる、ということです。自分の家族やライフスタイルを考え、好みやこだわりを細部にまで反映させた家は、建売では見つけるのはなかなかハードルの高いもの。しかし、フルオーダーであれば、希望に沿った家を建てられます。

オンリーワンな家

ゼロから作り上げるフルオーダー住宅は必然的に、世界にひとつだけの住宅となります。建売住宅では、近隣に似通った見た目の住宅が多くある、といったことになりがち。一生ものとなる住宅ですから、オンリーワンなものだったらなおさら嬉しいですよね。

予算も調整可能

「住宅のどの部分に、どれだけ予算をかけるか」についても自由に決めることができるということも、フルオーダー住宅のメリット。建売住宅では既に価格が決まっていますが、フルオーダー住宅であれば、例えば、予算を全体的に削り、方法によっては安価に仕上げることも可能なのです。

フルオーダー住宅のデメリット

費用や時間がかかる

フルオーダー住宅のデメリットは、費用と時間が多くかかってしまうことでしょう。こだわりをかたちにするためには住宅メーカーとの綿密な打ち合わせが必要ですし、複雑な設計になれば必要な工事も増えます。建築資材や住宅設備についても、まとめて購入できない場合、価格が高くなってしまうでしょう。

工期が長くなるということは、住宅が完成して住み始めるまでの期間も長くなってしまいます。フルオーダー住宅の場合、費用と時間に余裕を持っておくことが重要です。

完成イメージがつかみにくい

フルオーダー住宅は世界にひとつだけの住宅ですから、完成した住宅のイメージがつかみにくい、というデメリットがあります。建売住宅など住宅が既に完成している場合であれば、訪れて見聞することができるので、住んだときの具体的なイメージも掴めます。しかし、フルオーダー住宅では、そうしたイメージを掴むことが難しいのです。完成後に「イメージと違う!」と後悔しないように、住宅メーカーに完成予想図などを作成してもらいましょう。

セミオーダー住宅とは

セミオーダー住宅の特徴

「セミオーダー住宅」とは、住宅メーカー側が提案する基本的な間取りなどを基盤にしながら、住宅設備などのオプション部分を自分の好みにあわせて選択することができるタイプの住宅です。住宅について要望はあるけれどあまり具体的でない、といった場合は、セミオーダー住宅の方がお勧めです。

住宅の材や断熱材などの構造部分をはじめ、設備メーカーなどは住宅メーカーが設定しますが、間取りや内装のデザインなどもすべてがそう、というわけではありません。住宅メーカーがお客様の希望を聞き取り、それを叶えるように変更してくれるプランもあるでしょう。希望や必要に応じてグレードアップ、またはダウンも可能です。このため、「注文住宅」と言う場合、セミオーダー住宅を指していることがほとんどです。

セミオーダー住宅のメリット

コストを比較的抑えることも

フルオーダー住宅と比べれば、デザインや間取りなどが決まっている分、費用を抑えることができます。自分で決める項目も限られているため、住宅メーカーとの打ち合わせも少なくて済みます。プランを選ぶ仕組みであるため、資金計画も立てやすいのです。

建売住宅よりも自由度が高い

部分的に好みを反映させることができるセミオーダー住宅は、建売住宅のような画一的な住宅よりも自由度が高いと言えます。すべてを思い通りにすることはできませんが、間取りやデザインをはじめ、プランのなかで決められた範囲でこだわった住宅にすることが可能です。

セミオーダー住宅のデメリット

自由度は限定的

フルオーダー住宅と比べると、セミオーダー住宅の自由度は限定的です。間取りなどを選択できるケースもありますが、外装やトイレ、キッチンなどの色合い、デザインの選択などにとどまる場合など、住宅メーカーのプランによって自由度は異なってきます。

要望を出しすぎるとコストがかさむことも

セミオーダー住宅であっても、基本的な間取りから大きな変更を求めれば求めるほど、コストがかさんでしまいます。フルオーダー住宅ほどではないですが、打ち合わせの回数などが増えると、実際に住み始めるまでの期間も伸びてしまいます。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。