注文住宅を建てる時に知っておきたい保険の基礎知識

注文住宅を建てる前に保険についても知っておこう

注文住宅の購入は誰もが気分が上向きになり、幸せへの一歩を踏み出す瞬間。しかし、購入する際にはその後火災や地震といった自然災害やそのほかリスクについても考える必要があります。

リスクを少しでも抑えるために保険について知っておき、少しでも被害を少なくする方法を身に着けておくのも大事です。ここでは住まいのトラブルに対応する保険「火災保険」「家財保険」「住宅保険」の特徴やメリット・デメリットについて紹介しています。

そもそも保険の加入は必須?

結論から言えば、いざという時のことを考えると多少の負担にはなりますが加入しておくべきだと言えます。

注文住宅を建てる時に、住宅ローンを利用する人が多いですが、ローンの返済期間は、長くて35年以上になります。その長期間のローン返済中に「家が火事で焼けた」「地震で家の壁にひびが入る」「台風で屋根瓦が落ちる」「大雨で床下浸水する」など、数十年にわたるローン返済中には、さまざまな天災リスクが考えられます。

住まいが損害を受けた場合、修復費用はかかりますが住宅ローンは支払い続けなければなりません。

住宅ローンと住宅再建費用のローンが二重にかかり、経済的にとても重い負担になるリスクもあるので、「住まいを守るため」「自分と家族を守るため」に保険の加入は真剣に検討しておく必要があります。

3種類の住まいを守る保険

住宅を守る保険は3種類あります。

火災保険と家財保険は住宅購入時にワンセットで加入することが多く、地震保険は単独では加入できません。かならず火災保険に付帯する形で加入します。

それぞれの特徴についてみていきましょう。

火災保険の特徴

住んでいた家が火事で全焼しても、住宅ローンは支払い続けなければなりません。火災保険は住宅に起こる災害を補償します。

火災保険の補償範囲

火災保険は建物(建物本体やそれに付随する台所・浴槽・建具など)の被害を補償する保険で、建物の引渡日の2週間前に加入するもの。補償範囲は非常に広く、火災だけではありません。

ただし、損保会社によって補償される範囲が違っていて、補償されない免責事項もあるので、契約する時に保険の内容をしっかりと確認しましょう。

メリット

デメリット

家は実際に住んでみて気がつくリスク、不要だった補償があります。火災保険は加入した当時のままで放っておかず、時々見直すことが必要です。

家財保険の特徴

家財保険は火災保険とワンセットになっています。

火災保険が建物と浴槽やキッチン、ふすまやドアなどの「引っ越しで動かせないもの」を補償するのに対し、家財保険は家具や服、家電や寝具など「引っ越しで運び出せるもの」を補償対象にしています。

家財保険の補償範囲

火災や落雷などで受けた損害を保証する内容となっています。

メリット

火災保険でカバーできない家の中の財産への被害のほかに、日常生活上の不慮の事故や、それにまつわる費用も補償してもらえることが挙げられます。

デメリット

火災保険だけではカバーできない家財の補償や、日常生活におけるトラブルなどに備えるために、火災保険とセットにして、家財保険に加入することをおすすめします。

地震保険の特徴

地震保険は、地震保険法に基づく被災者の生活再建支援が目的。国と保険会社が共同で運営する制度であるため、地震保険の補償内容や保険料は、どこの保険会社を選んでも同じです。

地震保険の補償範囲

地震保険は、火災保険では補償されない地震や噴火、津波が原因で起きる火災・損壊・埋没・流出になどの損害を補償します。

メリット

デメリット

日本全国で頻繁に地震が起こることを考えると、大切な住まいと家財を守るために、地震保険加入も十分に検討しておくべきだと言えます。

保険を選ぶポイント

自分の家に合った保険を選んで安くするポイントをご紹介します。

自分の居住地域について知る

ハザードマップで自分の住む地域にはどんなリスクがあるのか把握し、必要な補償を調べましょう。

複数社から見積もりをとる

保険会社によって火災保険・家財保険・地震保険の保険料や補償内容が違います。複数の保険会社から見積もりをとりましょう。

割引制度を確認する

保険料割引が適用される住宅を建てる方法もあります。

火災保険

新築割引・築浅割引・耐火建築物割引・オール電化住宅割引・ホームセキュリティ割引・エコ設備割引・消火設備割引など

地震保険

免震建築物割引・耐震等級割引・耐震診断割引・建築年割引など

長期一括払いの方が保険料が安くなる

火災保険・家財保険・地震保険は、住まいを守るために大切な保険ですが、加入期間が長く金額も大きいため、月々で保険料を払うよりも安くなることがあります。事前に確認をしておき必要な分だけ保険に加入するようにしましょう。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。