土地選びのポイントは?

土地探しや注文住宅を建てる、といったイベントは、人生において何度も経験することではありません。
初めての経験だということも多いことでしょう。

初めての注文住宅を建てる際は、失敗も多くなりがちです。下準備をしっかりして、別途金額がかかってしまうなどのミスは未然に防ぎましょう。

ここでは、土地探しや注文住宅を建てるまでの流れ、そして土地探しのポイントを紹介します。

土地から探して注文住宅を建てる場合の流れ

1.住宅とライフスタイルをイメージ

まずはどんな家を建てたいかを具体的にイメージしましょう。何階建てがいいか、どこで暮らしたいか、外観のデザインや色、部屋数などなど。実際に絵に描いてみても効果的です。なかなか具体的にイメージできないときには、色々なモデルハウスを見学したり、事例をチェックするなどして参考にしましょう。通勤通学のアクセス時間や、何を優先するかをはっきりと決めておくのも有効です。

2.資金計画と返済計画

貯金額から自己資金をどれくら用意できるかをきちんと把握しておきましょう。建築費だけでなく土地代も必要となるので、住みたい地域の相場を事前に確認することを忘れずに。また、ライフラインの工事費・検査費・引っ越し代などなど、土地代や建築費以外の費用も結構かかります。資金にはできるだけ余裕を持ち、無理のない返済を行えるかどうかをしっかりと考えておきましょう。

3.土地探し

住みたい場所や住宅デザインをどんな風にしたいか決まったら、土地探しを始めます。土地探しは暮らしたい地域の不動産屋さんにまずは相談を。予算をしっかり提示して探してもらいましょう。

4.建築業者探し

土地が見つかったら、次に建築業者を探します。建築業者には、ハウスメーカー・工務店・設計事務所などがあります。ハウスメーカーの中には全国展開している大手があり、工務店は地域密着型の経営をしていることが多いです。デザインにこだわるなら設計事務所もおすすめ。

5.敷地調査と地盤調査

土地と建築業者が決まったら、次は敷地調査と地盤調査が行われます。これは建築業者に依頼するのが一般的です。

6.土地の購入と契約

土地購入の契約をする前に必ず「重要事項説明」があります。これは法律で定められているもので、宅地建物取引主任者が契約内容を口頭で説明します。気になる点や違和感があれば、しっかりと確認しましょう。

7.住宅の設計

始めに家族できちんと話し合って、建築したい家のイメージをはっきりさせておきましょう。そうして話し合いで出てきた希望をまとめ、その上で建築業者に相談します。

8.建築請負契約と建築確認申請

住宅設計が決まったら契約となります。「建築請負契約」では、工事請負契約書と工事請負契約締結書、それに設計図書と見積書が渡されます。これらはかなりの内容量があるため、契約日当日に全て確認することはほとんど無理です。事前に写しをもらい、内容を確認しておくことをおすすめします。そのあとの建築確認申請では、建築会社が建築確認の申請を行います。ここで建築確認済証が下りないと家を建築することはできません。

9.施工

契約を済ませ、無事に申請も通れば、いよいよ施工となります。建築の際には地鎮祭や上棟式が行われますし、お世話になる近隣住民への挨拶なども済ませておきましょう。また、施工現場にはなるべく足を運び、建築業者とのコミュニケーションも大切にしたいところです。

土地探しのポイント

  1. 条件に合う土地がすぐに見つかるとは限りません。いつからいつまでを土地探しに充てるか、期間を決めておきましょう。
  2. 予算に合っていて完全に理想的な土地が見つからない場合は、ある程度の妥協も覚悟を。譲れない点と譲歩できる点をあらかじめ決めておきましょう。
  3. 土地の広さや形状を確認し、イメージしている住宅がその土地に建てられるかどうかを確認しましょう。
  4. すでに古い住宅が建っている古家つきの建物は、解体費用がかかることがあります。
   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。