ローンのしくみは?

注文住宅を建てるときのローンについて調査しました。ローンを組む流れや注意点についても載せているので、ぜひご覧ください。

見積もりを出してもらったら仮審査を受ける

建築会社から見積もりをもらった時点で、仮審査を受けます。住宅ローンは建物や土地を抵当にして融資されるので、住宅が完成してからでないと借入できません。以前は仮審査という制度がなかったため、本審査のみで借入の審査が行われていました。金融機関の審査にも通らなければ、契約解除になることも。そうなると施主はもちろん、建築会社も損害を受けることになります。

このような不都合を軽減するために仮審査が設けられました。この仮審査に通れば建築会社と「工事請負契約」を結べます。また契約を結ぶ際には、「ローン特約」の記載があるかどうかを確認してください。本審査が通らなかった場合は、契約を解除できる事項です。もしも、融資が受けられなかった場合は契約を解除できるので、施主の負担を減らすことができます。

契約書ができたら本審査を受ける

建築会社と工事請負契約を結んだら、ローンの本審査を受けることになります。仮審査とは基準が異なるため、仮審査に通っても必ず通過できるとは限りません。本審査に必要な具体的な書類は、「住宅登記」「建築確認済証」「工事請負契約書」の3点です。ローンの本審査に通ったら、銀行と契約を締結。ただし、注文住宅の場合はローン審査と並行して行なうため、この時点で費用が発生しています。手持ちの予算がない場合は、「つなぎ融資」を受けることで、支払いをすることが可能です。

必要に応じてつなぎ融資を受けることも

注文住宅を建てる場合、ローン審査と建築工事を同時に進めるため、融資と支払いの間に差が生じます。それを埋めるのが、住宅ローンとは別の借入を行なう「つなぎ融資」です。工事の進行状況に応じて、つなぎ融資を受けて支払います。担保なしで借り入れできる便利な融資ですが、利息や手数料が高いという側面も。利用する場合は、出費をできるだけ抑えるためにも借入期間を短くする方が有利です。住宅ローンの本審査を早く受けるためにも金融機関と綿密な相談を行ないスムーズに進めていく必要があります。

ローンを組む際の注意点

建築確認申請を行なってからローン審査をしましょう

住宅ローンは原則的に、土地と建物をセットで申し込む必要があります。土地の売買契約と建物の計画が明確な場合にのみ審査を受けることが可能。どちらかが不明瞭であると審査を受けられません。なぜなら、金融機関は土地と建物を担保にして融資を行なうからです。建築会社と建築プランを取り決めて、役所に建築確認申請を行ない認証されれば、ローン審査を受けられます。

適応金利が変動する可能性があります

注文住宅は引き渡しまでに期間があるため、適応金利が変更する可能性があります。住宅ローンは「建物の引き渡し時」の金利が適応されることがほとんど。ローン審査時には金利も含めて返済期間を決めるため、変動してしまうと返済計画が狂ってしまいます。適応金利のタイミングを選べる「財形住宅融資」もあるので、借り入れをする金融機関に金利について相談してみると良いでしょう。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。