入居するまでの流れは?

注文住宅を建てて入居するまでの流れを調査しました。

1.資金計画

家を建てると決めたら、まずは資金計画を立てましょう。情報収集のために、資料請求や展示場巡りをしがち。予算を決めずに情報だけ集めても、意味がありません。明確な予算を立てることで、現実的な建設計画を立てられます。

2.建てたい家のイメージを具体化する

予算が決まったら、次は「どういう家を建てたいか」を家族と話し合いましょう。理想の生活シーンを考えたり、今まで生活してきた中であった不満を出してみたりするのもおすすめ。この時点で、家を建てる土地も予め決めておくと良いでしょう。また基本的な地震対策や省エネ、収納スペースを確保するのも重要です。内装や外観も具体的にイメージしておけば、プランニングがスムーズにいきますよ。

3.慎重に建設会社を選ぶ

家を建てる時にどこへ依頼するか、もとても重要です。建築会社選びが最終的な結果を決めるといっても過言ではないでしょう。情報サイトや情報誌を利用して、いくつかの会社を検討してください。施工例や得意な建築物、素材に質感などをチェックします。実際に展示会や完成見学会へ参加するのもおすすめです。

4.複数の会社に見積もりを依頼

気に入った建築会社が決まったら、見積もりを依頼します。その際に大切なのは複数の会社から見積もりを出してもらう「相見積もり」。候補の会社を3つほど絞って、まったく同じ条件で見積もりを出して比較しましょう。見積もりがどこまで希望通りになっているかチェックします。設備やインテリアの仕様も必ず確認してください。

5.建設会社と工事請負契約を結ぶ

希望に近い見積もりを出してくれた会社を選んで契約を交わします。その前に本計画と本見積もりを依頼しましょう。契約後に予算をオーバーしないためにも、しっかりと内容について説明を受けてください。設計図や仕様書をチェックして最終的な間取りプランを細かくチェック。費用面で納得することができたら工事請負契約を結びましょう。

6.住宅ローンを申し込む

契約が決まったら、建築確認申請と住宅ローンを申し込みます。どちらも依頼先の建築会社が代行してくれることが多いです。とはいえ、ローンについては借入先や金額、返済期間などをきっちり決める必要があるので、自分で行なうことをおすすめします。

7.工事開始

日程が決まったら工事を開始します。着工前には近隣へのあいさつを忘れてはいけません。工事中は車の出し入れや騒音などで近隣に少なからず迷惑をかけてしまいます。建物の位置を確認する「地縄張り」、工事の安全を祈願する「地鎮祭」を実施するが一般的です。

8.竣工検査

工事が終了して建物が完成したら、担当者と建物をチェックする「竣工検査」を行ないます。気になることがあれば遠慮なく質問しましょう。不具合があれば修理を依頼してください。その後、鍵の引き渡しを受けて「完了検査済証」「保証書」を受け取ります。

9.念願の入居

いよいよ入居ですが、慌ててはいけません。引っ越しの日が決まったら、ライフラインの手続きをします。建設会社が契約していた仮設の電気・水道・ガスを施主名義へ変更。代行してくれることもあるので、相談してみてください。引っ越し会社への手配も早めに行ない、料金を交渉すれば引っ越し費用を節約できます。これらの準備が終われば、入居するだけ。新居での生活を満喫しましょう。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。