入居するまでの流れは?

注文住宅を建てて入居するまでの流れを調査。夢のマイホームを建てるスケジュールをステップ別にまとめました。

各項目で注意すべきポイントを紹介しているので、これから注文住宅を建てる方に役立つ情報となっています。

資金計画から入居までの大まかな流れとポイント

1.資金計画

家を建てると決めたら、まずは資金計画を立てましょう。情報収集のために、資料請求や展示場巡りをしがち。予算を決めずに情報だけ集めても、意味がありません。明確な予算を立てることで、現実的な建設計画を立てられます。

頭金をいくら用意できるか確認する

住まいを建てる際に必要な費用を全て住宅ローンでまかなうことはできません。多少なりとも自己資金が必要です。いわゆる頭金と呼ばれ、「土地の頭金」、「住宅ローンの頭金」などがあります。

頭金ゼロで住まいを建てると、金融機関の審査が厳しくなり借入額が高くなることがあります。頭金に充てる自己資金がいくら用意できるかもポイントです。

家つくりに必要な諸費用を確認する

いざ資金準備をしようと思っても、住まいつくりに必要な費用が分からないと資金計画を建てることはできません。

「土地代」や「建物代」は選ぶ地域によって費用の差額が大きいため、アクセスの良さや生活の利便性など「住む際の優先順位」を決めてから土地探しを始めるとスムーズです。

忘れがちなのが住まいを建てる際に必要な「諸経費」のこと。頭金のほかにも設計料や登記簿費用などあります。大まかには「土地+建築費を合計した金額の約10%15%」が現金で必要です。ローンの頭金とは別に用意しておきましょう。

2.建てたい家のイメージを具体化する

予算が決まったら、次は「どういう家を建てたいか」を家族と話し合いましょう。理想の生活シーンを考えたり、今まで生活してきた中であった不満を出してみたりするのもおすすめ。

この時点で、家を建てる土地も予め決めておくと良いでしょう。また基本的な地震対策や省エネ、収納スペースを確保するのも重要です。内装や外観も具体的にイメージしておけば、プランニングがスムーズにいきますよ。

建てたい住まいの情報収集を行う

ある程度の建てたい家のイメージが出てきたら、建てたい住まい像を具体化します。住宅情報誌を眺めて気になるデザインを見つけたら施工会社をリスト化して情報をまとめておくと話し合いがスムーズです。

施工会社のホームページでさらに施工例や価格相場を確認し、「良いな」と思ったら住宅展示場やモデルハウスへ行き、設備や建材などをチェック。営業の担当者に質問してもいいでしょう。

3.慎重に建設会社を選ぶ

家を建てる時にどこへ依頼するかは、もとても重要です。建築会社選びが最終的な結果を決めるといっても過言ではないでしょう。

情報サイトや情報誌を利用して、いくつかの会社を検討してください。施工例や得意な建築物、素材に質感などをチェックします。実際に展示会や完成見学会へ参加するのもおすすめです。

建設会社の選定ポイント

建設会社の中には「ハウスメーカー」、「工務店」、「設計デザイン会社」などあり、それぞれの強みや注意点が異なります。

間取りで外せない設計や外観デザインなどに対応できるかについては、展示場や完成内覧会のときに相談すると良いでしょう。

担当営業が信頼できそうか、土地探しや住宅ローンのサポートはどこまで対応するのか具体的にサービス内容を確認します。住まいつくりの重要な決断なので納得が行くまでリサーチしましょう。

4.複数の会社に見積もりを依頼

気に入った建築会社が決まったら、見積もりを依頼します。その際に大切なのは複数の会社から見積もりを出してもらう「相見積もり」。候補の会社を3つほど絞って、まったく同じ条件で見積もりを出して比較しましょう。

見積もりがどこまで希望通りになっているかチェックします。設備やインテリアの仕様も必ず確認してください。

相見積もりの比較方法

見積もり報告書にある「間取りプラン」、「注文住宅の費用」、「土地探しの提案力」を比較すると良いでしょう。また、どこまで希望通りに間取りの提案を行っているか、予算が追加されないかチェックしましょう。

しかし、いくら希望通りの間取りと予算でも即決するのは危険です。 生活する上で「家事の移動が負担」や「収納力が少ない」など住み始めてから後悔しないように、生活導線にストレスがないかも確認してください。そして、見積もりした住まい用の土地探しに協力してくれるか必ず確認しましょう。

5.建設会社と工事請負契約を結ぶ

希望に近い見積もりを出してくれた会社を選んで契約を交わします。その前に本計画と本見積もりを依頼しましょう。

契約後に予算をオーバーしないためにも、しっかりと内容について説明を受けてください。設計図や仕様書なども、最終的な間取りプランを細かくチェック。費用面で納得することができたら工事請負契約を結びましょう。

工事請負契約を結ぶ前の確認事項

契約を結んでから解約するのは難しく、何かトラブルが起こっても取り決めた契約書の内容で解決することになります。

契約書の内容で必ず確認するポイントは「工事スケジュール(着工日、完成日、引渡し日)」、「代金の支払時期と金額」、「ローン特約」、「キャンセルの際の違約金」です。

また「保証・アフターサービス」はどこまで対応し、「見積もりと間取りプラン」は希望通りになっているかも確認しましょう。

6.住宅ローンを申し込む

契約が決まったら、建築確認申請と住宅ローンを申し込みます。どちらも依頼先の建築会社が代行してくれるでしょう。とはいえ、ローンについては借入先や金額、返済期間などをきっちり決める必要があるので、自分で行うことをおすすめします。

7.工事開始

日程が決まったら工事を開始します。着工前には近隣へのあいさつを忘れてはいけません。工事中は車の出し入れや騒音などで近隣に少なからず迷惑をかけてしまいます。

また、建物の位置を確認する「地縄張り」、工事の安全を祈願する「地鎮祭」を実施するが一般的です。

定期的に建設現場へ足を運ぼう

住まいの建築がスタートしたからと、職人や施工会社へお任せすることは止めましょう。定期的に建設現場で行くことで進捗を知ることができ、設計書通りに建築されているか分かります。

現場監督や職人との交流が増えると、建設中に設計書が希望通りの仕様でない場合の対処がスムーズになります。何か疑問点やトラブルがあれば担当営業を通して、建設完了までに対処ができるでしょう。

8.竣工検査

工事が終了して建物が完成したら、担当者と建物をチェックする「竣工検査」を行います。気になることがあれば遠慮なく質問しましょう。不具合があれば修理を依頼してください。その後、鍵の引渡しを受けて「完了検査済証」「保証書」を受け取ります。

気になる点はその場で確認する

何か気になる点があれば必ずその場で申し出て、安易に「工事完了書」の同意サインを行わないでください。

竣工検査は可能な限り複数名で参加し、点検口から「床下」、「屋根裏」、「天井裏」の水漏れがないか確認しましょう。設計書通りの仕様なのか、壁紙やオーダー家具のデザインに問題ないかなども見比べてみましょう。

そのほか、スイッチやコンセントの位置、ベランダの水はけや手すりの強度、ドアの開閉具合など、生活し始めてからではなかなか修理が難しい箇所も確認しておくと、後々安心です。

9.念願の入居

いよいよ入居ですが、慌ててはいけません。引っ越しの日が決まったら、ライフラインの手続きをします。建設会社が契約していた仮設の電気・水道・ガスを施主名義へ変更しましょう。

代行してくれることもあるので、相談してみてください。引っ越し会社への手配も早めに行い、料金を交渉すれば引っ越し費用を節約できます。これらの準備が終われば、入居するだけ。新居での生活を満喫しましょう。

入居前に済ませておく項目

入居日までに建築費の残額を支払う必要があるので、住宅ローンの振込確認をしましょう。土地と建物の登記作業を司法書士に依頼し、営業担当者と協力して引渡し日までに必要な準備を行います。

引渡し当日は「家の鍵」、「保証書」、「検査会社からの検査済証」、「工事完了書」、「設備機器保証書」に不備がないか確認します。その際にアフターサービスの流れや住まいのメンテナンス方法も聞いておきましょう。暮らすうちに気になる個所が出てきたときに、すぐに相談できるようにしておくと安心です。

いざ住まいを建てると行っても1年以上前から準備が必要と言われているのがマイホーム作り。今回は家づくりの期間をステップ別にまとめました。どのタイミングに何を行うか事前に確認してみましょう。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。