話題の「狭小住宅(スモールハウス)」とは?

都心部を中心に人気が高まっている「狭小住宅(スモールハウス)」。ポイントをきちんと押さえてけば、小さくて狭い土地でも、おしゃれで暮らしやすいお家の設計も可能です。利便性の高い、人気エリアでもマイホームを持てるかもしれません。狭小住宅を建てる際のポイントや、メリット・デメリットをみてみましょう。

狭小住宅(スモールハウス)とは?

都市部を中心に人気の注文住宅

狭小住宅は、「スモールハウス」とも呼ばれる、最近話題のタイプの注文住宅のこと。一般的には、50平方メートル(約15坪)以下の狭い土地に建てられた注文住宅を指します。都市部でよく目にすることができる、おしゃれで小さな住宅がこれに当たります。

狭小住宅の人気が高まっている背景としては、都市部が既に住宅地として飽和状態になっており、広い土地が無かったり、土地代が高くなってしまっていることがあります。こうした都会エリアに残っている「狭い土地」や「変わった形の土地」といった「デッドスペース」を活用して建てられるのが、狭小住宅なのです。

人気エリアでも割安でマイホーム

狭小住宅であれば、希望する人気エリアであってもマイホームを建てることができるかもしれません。用途が難しい「狭い土地」や「変わった形の土地」であれば、比較的安い値段で土地が売りに出されているかもしれませんし、狭くて小さな家であっても、きちんと工夫して設計することで暮らしやすいおしゃれな住宅にすることもできるでしょう。

一般的な価格帯は、土地代によっても変わってきますが、東京であれば2,500~3,000万円程度とされています。建築費用を抑えることができれば、2,000万円前後でも建てられるでしょう。

狭小住宅のメリット

話題の狭小住宅ですが、どのようなメリットがあり人気なのでしょうか?

利便性が高い人気のエリアに住める

狭小住宅の最大のメリットは、「アクセスの良い人気のエリアで土地を見つけられる」ということです。ある程度の広さがある土地はなかなか見つけることが難しく、見つけたとしても高額であることがほとんどでしょう。この点、「小さい土地」や「変わった形の土地」でも可能な狭小住宅であれば、利便性の高い、人気のエリアでマイホームを建てることもできるかもしれません。

公共交通機関が整っているエリアであれば、クルマを所有する必要もありません。駐車場やガレージも必要でなくなり、自動車税などの維持費もかからないため、その分のコストを浮かせることもできます。

デザイン性が高くておしゃれ

狭小住宅の多くは、狭い土地を有効活用できるようひとつひとつオリジナルで設計されている新築の注文住宅です。「注文住宅は高い」と思われるかもしれませんが、狭小住宅であれば土地代を安く抑えられるため、デザイン性の高いおしゃれな内装に費用をまわすこともできます。土地代よりも、キッチンやダイニングをおしゃれにしたり、インテリアにお金を使いたい、という人には、特に合っていると言えるでしょう。

土地代以外のコストカットも

狭小住宅のコストメリットは土地代だけではありません。大きな住宅を建てるわけではないため、一般的な住宅よりも建築費用を安く抑えることができます。

また、住宅の税金や登記費用などもローコストで済ませることが可能です。住宅を取得すると「固定資産税」および「都市計画税」がかかってきますが、狭小住宅はこういった毎年の税金も安くなります。固定資産税の評価額を算出する際、200平方メートル以下の「小規模住宅用地」はとても有利になるためです。税制は都市によって異なる可能性もありますので、土地を取得する前にチェックするようにしましょう。

狭小住宅のデメリット

それでは、狭小住宅のデメリットとしてはどのようなものがあるでしょうか?

耐震性の確保が課題

狭小住宅は、活用できる土地が狭いため、居住空間を確保するために3階建て以上の住宅になるケースが多いです。そこで注意しなければならないのが「耐震性」です。

住宅が立つ土地の面積の大きさに対して、住宅の高さが高ければ高くなるほど、地震の揺れが大きく感じられるようになります。狭小住宅の建築にあたっては、小さな家で大きな揺れに耐えうる耐震性の高さが必要になってくるのです。このため建築コストが高くなり、また必要によっては土地の地盤改良も行わなければなりません。

防音対策は厳重に

狭小住宅は隣家との距離が近くなりがちです。そのため、騒音トラブルが発生しないよう、外壁には防音性の高い素材を使う、騒音がでないエアコンの室外機を選ぶなど、防音対策をきちんと行うことが欠かせません。

また、隣家との距離が近いことで外回りのメンテナンスなどにも支障が出てくるケースがあります。隣家とは余裕を持った距離を確保するようにしましょう。

バリアフリーに課題も

狭小住宅では、「階段」がどうしても増えてしまいます。また空間に開放性を持たせるために「吹き抜け」が採用されるケースも多いですが、これらは小さな子どもや高齢者にとって、移動や落下の危険性があるものです。家族はもちろん、これから長く住み続けるにあたってバリアフリーの点でどうか、将来のニーズとあわせて設計を考えなければなりません。

建築コストが比較的高くなる

土地代や税金面ではローコストと言えますが、狭小住宅は坪単価では建築コストが比較的高くなってしまいます。土地が特殊な場所にある場合は資材の運搬費がかさみますし、耐震性の確保・防音対策にも費用がかかります。そのうえで内装のデザインや住みやすい間取りなどに凝りすぎると、設計費などの建築コストが高くなってしまうのです。あれもこれもと詰め込みすぎるなど、自分の理想やニーズから外れないようにしつつ、コスト面に注意しましょう。

狭小住宅を建てるポイント

それでは、狭小住宅を建てる際に注意すべきポイントはどのようなことがあるでしょうか?

「建ぺい率」と「容積率」をチェック

土地には、その面積に対して建てることができる建築面積=「建ぺい率」(1階の広さ)と、延べ床面積=「容積率」(住宅全体の広さ)が決まっています。この広さは都市計画の用途地域ごとに決定されるため、取得する前に必ず確認するようにしましょう。

収納スペースには余裕を

狭小住宅は屋内の広さや開放性を出すために壁を少なくすることが多くありますが、その結果、収納スペース不足に繋がってしまいかねません。「壁面収納」はもちろん、階段下の収納やロフトなどをしっかりと確保していきましょう。

収納スペースの確保は、造り付け家具やDIYを活用することも有効です。1つひとつのスペースにぴったりと合った家具をつくることで、収納力をつけることができますし、自分の住宅にあった家具がなかなか見つからない、といった問題にも対応可能です。

動線を考えた間取りに

住宅内で生活するにあたって、「生活動線」の確保はとても大切です。動線を考えた間取りにできるよう、経験豊富な住宅メーカーを選び、知恵を借りるようにしましょう。生活動線の確保には、自分たちの普段のライフスタイルのあり方も大きくかかわってきますので、必要なもの、そうでないものを取捨選択しましょう。

隣家とのプライベートに配慮を

狭小住宅は隣家との距離が近くなってしまうため、防音はもちろん、窓の位置などにも気を配って設計をするようにしましょう。お互いの生活空間が見えたり、聞こえたりすることはとてもストレスです。窓の位置が動かせない場合は曇りガラスなどの対策をしましょう。

将来のメンテナンスを考えた家づくりを

将来のメンテナンスも視野に入れた家づくりが重要です。隣家との距離が近すぎると、塗装を塗り替えたり、エアコンの室外機を交換しなければならなくなった場合、普通の作業よりも費用がかかることにもなりかねません。こうしたメンテナンスも生活のひとつですから、忘れずに住宅の設計をするようにしましょう。

耐震強度の重要性

狭小住宅は構造上、耐震性の確保が課題のひとつです。木造は柔軟性がありますが強度が不安。一方、鉄骨やRC造では建築コストがあがりますので、見定めが必要です。また、1階部分にクルマを停車できるビルトインガレージが人気ですが、強度的にはプラスとは言えないかもしれません。

経験豊富な住宅メーカーを選ぶ

狭小住宅で後悔しないためには、多くの狭小住宅を手がけた経験がある住宅メーカー、業者を選ぶことです。狭い土地に住宅を建てるためには、様々な注意点を押さえた業者のノウハウを活用することが欠かせません。理想の狭小住宅のために一番重要なポイントとも言えますので、ぜひ相談をしてみてください。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。