話題の「ZEH」とは?

様々な分野で省エネ性能が日々向上していますが、住宅分野で注目されている「ZEH(ゼッチ)」をご存知でしょうか?省エネルギー能力に優れていることはもちろん、太陽光などの再生可能エネルギーシステムによって発電や蓄電も行い、消費と創出のエネルギー収支は、ゼロ以上。つまり、消費するよりも多くのエネルギーを作り出しています。

国の補助金政策を活用することでお得に「ZEH」を建てることもできるので、ぜひチェックしてみてください。

「ZEH」とは?

省エネ住宅の最先端とも言われる「ZEH」は、「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略称で、簡単に言うと、「消費するエネルギーよりも多くのエネルギーを創り出す住宅」のことです。日々の光熱費を抑えることができるだけでなく、エネルギーを創り出すことが特徴です。

また政府は、2020年までにこの「ZEH」を新築住宅の標準にすることを目指しています。そのため、補助金がもらえるなどの推進政策も行っているようです(終了している可能性もあります)

「ZEH」の特徴

「ZEH」として認定される住宅には、大きく分けて3つの特徴があります。

断熱性が高い

「ZEH」には、暑さ寒さの外的な気温環境に影響されにくいように、屋根や外壁はもちろん、窓、床下などに高い断熱性能が備わっています。採光性も高く、気密性と通風性にも優れているため、年間を通じて室内の温度が快適に保たれます。このため冷暖房のエネルギーを極力抑えながら、夏は涼しく、冬は暖かい住まいとなっています。

断熱性の高さは、ヒートショックのリスクを低減にもつながります。

高い省エネ能力

空調や照明、給湯などにおいて、高い省エネ技術があるシステム、最新の設備を活用しているのも特徴のひとつ。日差しを避ける工夫や、住宅内の空気循環なども考慮されており、省エネ効果の高い設計が導入されています。

「HEMS(ヘムス)」という、建物で消費されているエネルギーの量と太陽光発電などで創り出すエネルギーの量が確認できるシステムも活用されています。

創エネ住宅

太陽光発電などの再生可能エネルギーをメインに、エネルギーを創り出す「創エネ」能力があることも、「ZEH」の特徴です。発電したエネルギーは住宅内で消費されることはもちろん、蓄電器等に溜めておくことも可能に。この「創エネ」によって創り出したエネルギーが消費するエネルギーを上回っていることが「ZEH」で特に求められるポイントです。

「ZEH」のメリット

「ZEH」にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

生活環境が良い

「ZEH」に実際に居住している人へのアンケート調査によると、「涼しくて暮らしやすい」「快適な住まいが実現している」といった回答が突出して多かったそうです。

冷暖房に頼らないため、ぜんそくなどの症状が出るためエアコンが苦手といった人にも高い快適性があります。また、電気代の節約に日々、頭を悩ませる必要がなくなることもメリットのひとつと言えるでしょう。

ヒートショックのリスクが低減

冬場に住宅内に大きな温度差が生じることで、体内で急激な血圧上昇が発生し、心筋梗塞や脳梗塞、失神などの症状が起こることを「ヒートショック」と呼びます。これにより、年間1万7千人が亡くなっているとも言われています。

「ZEH」であれば、高い断熱性能によって住宅内の寒暖差が少なくなるため、ヒートショックのリスクが低減します。

防災にも強い

「ZEH」はエネルギーを創り出すことができる発電システムに加え、蓄電システムも備えているため、突然の自然災害が発生してライフラインが絶たれてしまっても、持続的に生活することができます。エネルギー面で自立しているというメリットは、ライフラインの面でも大きなメリットだと言えるでしょう。

資産価値も高い

「ZEH」は、将来的に住宅を手放す場合でも有利であると考えられます。「ZEHマーク」という認証制度などにより、住宅の査定が有利になる可能性があるからです。将来にわたって資産価値を保持することができれば、相続や売却時にも有利ですよね。

「ZEH」のデメリット

それでは、「ZEH」にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

初期費用が比較的高い

「ZEH」を建てる際のデメリットは、初期費用が比較的高い点が挙げられます。「ZEH」として認定されるためには、太陽光発電や蓄電のシステム、高い断熱性を実現する設計費用や建材費など、必要な性能を満たすための設備費がかかるためです。相場としては、一般的な注文住宅の費用に、250~300万程度の設備投資がさらに必要と考えておきましょう。

光熱費が0円になるわけではない

デメリットと言うよりも注意点ですが、「ZEH」が「消費するエネルギーよりも多くのエネルギーを創り出す住宅」であるとしても、「光熱費が0円になる」わけではありません。ただし、太陽光発電システムで発電したエネルギーを売ることで、光熱費の収支を黒字にしている「ZEH」も多くあります。

「ZEH」の補助金について

「ZEH」として認定されることで受けられる補助金制度もあります。制度は終了している可能性もありますので、情報は最新のものを確認するようにしましょう。

補助金制度を受けるには

温室効果ガスの削減などを念頭に、政府は2020年までに「ZEH」が標準的な新築住宅になるよう、推進政策を実施しています。これにより、規定の太陽光発電システム、蓄電システムを設置したり、エネルギーの消費の基準を満たして「ZEH」として認定されることで、補助金が支給される制度が設けられています。

補助金額の目安は?

「ZEH」の補助金内容は一年ごとに決定されるものになります。平成29年度時点では、 「補助対象住宅補助金額」として一律で「75万円/一戸あたり」となっています。また「蓄電システム」では、「4万円/1kWhあたり」となっています(蓄電システムについては補助上限があり、対象経費の1/3または40万円いずれかの低い金額までが支給されます)。

いずれにせよ、約100万円程度の支給を見込むことができそうですので、250~300万程度の設備投資が相場だとすれば、マイホームを「ZEH」にすることも選択肢のひとつとして考えることができるのではないでしょうか?

登録されたハウスメーカーのみ対象

「ZEH」の補助金の注意点としては、政府に登録されたハウスメーカーや工務店を利用して建てられた「ZEH」のみが補助金支給の対象になる、ということです。登録されている「ZEHビルダー」や「プランナー」か確認してから、「ZEH」を建てるようにしましょう。

公募期限に注意

「ZEH」の補助金制度には、環境省や経済産業省でいくつか種類がありますが、それぞれで採択の方式や金額、またスケジュールも異なります。

とりわけ公募期間については、補助金の当初の予算額を超える申請があった場合に申請受付が抽選になったり、補助金自体の予算を使い切ってしまった場合、募集が終了したりすることがあります。「ZEH」の補助金の公募については、省庁のウェブサイトなどで確認するようにしましょう。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。