注文住宅を建てる際の工法の違いとは?

更新日:

注文住宅を建てる際の工法には種類があること、こちらではその工法について種類別に紹介していくといった旨の導入文を作成してください。

木造軸組工法

木造軸組工法は横軸を支える梁、縦軸を支える柱を中心に家を作っていき、筋交いを入れた耐力壁をバランスよく配置して住宅に強度を持つことができる工法です。日本の住宅の8割がこの工法で作られている工法でもあり、住宅を設計する際の自由度も高いです。

木造軸組工法のメリット

設計の自由度が高い

木造軸組工法は住宅設計での制限が少ないため、希望に近い住宅を設計してもらうことが可能です。もしも購入した土地が変形していたり狭小地だったりした場合も柔軟に対応することが可能です。木造軸組工法にすることでよりこだわりや希望のデザインに沿った住宅にしやすくなります。日本らしさをデザインとして引き出した

開口部を大きく取れる

木造軸組工法では、設計の自由度が高いのもあって住宅の壁や屋根・窓などの開口部を大きく取った住宅を設計してもらうことができます。そのため、採光や窓の大きさなどにこだわった住宅の設計も可能となっています。

木をふんだんに使える

木造軸組工法は「木造」とついている通り、住宅に木をふんだんに使う工法です。そのため木のぬくもりを十分に味わい、木が持つ断熱性や耐火性などを引き出した家づくりが可能です。木は火に弱いイメージがあるかと思いますが、太い木であれば燃えにくい性質があります。

木造軸組工法のデメリット

※デメリット①

木造軸組工法は床下や天井に湿気が溜まってしまって木材が腐ってしまったり、シロアリの被害に遭ってしまったりして住宅に被害が出てしまうことが多くあります。そのため、木造軸組工法にする場合には湿気やシロアリに対する被害への対策をすることが重要になります。

強度がやや低い

木造軸組工法は木を主に使う工法になるため、鉄やコンクリートに比べると工法としては強度が落ちてしまいがちです。壁に筋交いを入れて強度を補強する必要があり、この工法では柱のない大きな空間というデザインは難しくなっています。

仕上がりにばらつきがある

木造軸組み工法の場合には住宅の建築や素材の加工などを現場で進めていくことが多くなっています。そのため、施工を行う業者や天候によってばらつきが出てきてしまうことも多いため、注意が必要です。仕上がりや品質にばらつきがあるのは、木造軸組工法のデメリットといえそうです。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨造は鉄骨系プレハブ工法の1つで、鉄を主に使っているので強度もとても高い工法となっています。素材は工場で大量に生産しているので、仕上がり・品質が安定しています。

軽量鉄骨造のメリット

品質が安定している

軽量鉄骨造は多くのハウスメーカーでも使われている工法で、工場で素材を大量に生産する形をとっています。これにより、住宅の仕上がりが担当する職人や施工をした日の天候で変化することが無くなって仕上がりが安定させることが可能です。そのため、イメージに近い住宅を入手することができます。

大きな窓・開放的な空間の設計ができる

軽量鉄骨造は鉄で作られた素材を使用していて鉄骨系のプレハブ工法で、木よりも高度が高くなっています。軽量鉄骨を住宅の骨組みとして採用しているので、住宅に大きなサイズの窓を作りたい方や大きくて開放的な空間の間取りを希望している方にはおすすめの工法です。

軽量鉄骨造のデメリット

※デメリット①

軽量鉄骨造は素材を工場で大量に作っている工法となっています。そのため設計の自由度はあまりなく、すでに決まっているデザイン・設計で住宅を設計する形になりがちです。 また軽量鉄骨造では企業秘密を多く詰め込んでいることが多くあります。そのため、住宅のリフォームを行い場合には住宅を建てた時のメーカーに依頼しないと難しい場合が多いです。この工法で建てる場合にはリフォームを依頼する企業が制限されたり、デザイン・設計の自由度が低かったりすることがデメリットといえそうです。

外気に影響を受けやすい

鉄は熱を通しやすく、外気の影響を受けやすい性質となっています。そのため、軽量鉄骨造にする場合には夏は蒸し暑くて冬は寒い住宅となってしまうことがあります。気温差で住宅に結露ができてしまうリスクがあり、使用されている鉄がサビてしまったり防音性が低かったりする素材のためデメリットについて注意が必要です。

鉄筋コンクリート(RC)造

鉄筋コンクリート(RC)造は強度や耐火性・防音性の高い工法となっており、住宅の種類が一戸建てでもマンションであっても型枠を作ってある状態であれば建てることが可能となっています。

鉄筋コンクリート(RC)造のメリット

耐火性・強度が高い

鉄筋コンクリート造は火に強いコンクリートを使った工法で、耐火性・強度が高くなっています。外気や雨水の影響を受けやすい鉄を使用していますが、サビてしまうのをコンクリートと併用することで防いでくれます。鉄とコンクリートの両面の良さを活かした家づくりが可能です。

設計の自由度が高い

型枠があれば一戸建てでもマンションであっても柔軟に対応できる工法です。そのため設計の自由度が高く、建築家が立てると自由さが住宅を作る上で大きなメリットとなっています。幅広いデザインに対応できるのは大きなメリットといえそうです。

鉄筋コンクリート(RC)造のデメリット

仕上がりに差がある

鉄筋コンクリート造で住宅を作る場合、建築現場で作業を進めていくことになります。そのため、作業に関わる職人さんや天候で仕上がりに差が出てきてしまうことがあります。安定した品質ではないので、住宅が思っていたのと違う仕上がりになってしまうリスクがあるのはデメリットといえそうです。

熱がこもりやすい

鉄筋コンクリート造で使用されるコンクリートには熱を通しやすいという性質があります。そのため、鉄筋コンクリート造は家の中に夏の温かい空気や冬の冷たい空気がこもってしまいがちで家の中を快適に過ごしにくくなってしまうことがあります。快適に過ごすためには対策が必要になります。

それぞれの特性を知ったうえで工法をえらぼう

それぞれの工法にメリット・デメリットといった特徴がありました。それぞれの特性を理解した上でイメージしている家に適した工法を選ぶことが重要です。

   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。