断熱材の種類

投稿日:

住宅を快適にするうえで重要な断熱性ですが、素材によって特徴や価格も異なっています。大きく分けると「繊維系断熱材」「発泡プラスチック系断熱材」「天然素材系断熱材」があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

グラスウール

価格が手ごろで国内に広く使われているガラス繊維でできた断熱材です。シロアリといった害虫の被害に強く、主原料がガラスのため火災にも強い断熱材とされています。また、音を吸収して防音する効果もあります。

しかし、グラスウールは湿気に弱いというデメリットもあります。断熱材の種類ごとの特徴や性質・費用などについて紹介していきます。

ロックウール

鉄炉スラグや玄武岩といった鉱物を原料として加工された断熱材で綿のような見た目をしています。断熱性や防音性が高く、空港をはじめとした商業施設でも採用されている断熱材です。ガラスも主原料なので燃えにくい性質を持っています。しかし、グラスウールと同じく湿気に弱く、触ってしまうとかゆくなってしまうこともあるというデメリットもあります。

セルロース(セルローズ)ファイバー

セルロース(セルローズ)ファイバーは再利用した古紙を使っている天然の木質繊維の断熱材です。燃えにくい防火性能や害虫にも強く、素材自体が吸湿性・放湿性を持っているので結露の対策にもなります。気密性を優れていて幅広く利用できる断熱材です。

この素材を使うには専門業者を探す必要があり、費用も割高になってしまいがちというデメリットもあります。

羊毛(ウールブレス)

羊毛を原料としており、体に優しい防虫処理を施してある断熱材です。この防虫効果は長期間にわたって継続が可能です。古くから羊毛は絨毯として利用されてきており、耐久性も高い素材となっています。

価格が高くて新しい素材にもなるので、業者を探すのに手間がかかってしまいがちです。

炭化コルク

炭化コルクは、ワインの栓といったものの製造で出たコルクの端材を再利用して炭化させた環境にも優しい断熱材です。炭化コルクは内部に多くの空気を含んでいるので、高い断熱性・調湿性・吸音性を持っています。さらにコルクの原料であるコルク樫には自然由来の防虫効果があるのでダニを家に近づけないようにする効果もあります。

一方で炭化コルクは価格は高くなりがちというデメリットもあります。

ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)

粒上のポリスチレンを金型に投入し、発泡させた「発泡スチロール」のような性質を持つものです。ビーズ法ポリスチレンフォームは、水に強く耐久性があり、軽い素材となっています。施工もしやすく価格も手ごろなため、幅広く活用できます。しかし、ビーズ法ポリスチレンフォームはグラスウールやロックウールなどに比べると割高で、熱に弱いというデメリットもあります。

押出法ポリスチレンフォーム(XPS)

押出法ポリスチレンフォームは、ポリエチレンを何度も発泡させることで作られている断熱材です。水や湿気に強く、耐久性も有ります。また、押出法ポリスチレンフォームは施工や加工もしやすく、価格も手ごろなので、基礎断熱から土台床断熱まで様々な分野で利用されています。

硬質ウレタンフォーム

硬質ウレタンフォームは、ポリウレタン樹脂へ発泡剤を加えた断熱材です。ボード上になっているものや施工する場所へ吹き付ける工法となっているものもあります。硬質ウレタンフォームの気泡に含まれているガスが熱を伝わりにくくする働きがあり、高い断熱性を持っています。

しかし、硬化ウレタンフォームは引火性があるともいわれている素材で火には弱いです。また、燃えてしまうとシアン化水素という有毒なガスを発生させてしまうデメリットがあります。

フェノールフォーム

フェノールフォームは、フェノール樹脂に発泡剤や硬化剤といった素材を足すことで作った断熱材です。

他の断熱材と比べても熱伝導率が低く、耐久性も高い断熱材となっています。そのため、長期間利用でき、フェノールフォームが熱くなってくると硬くなって燃えにくい素材となっています。

しかし、他の断熱材よりも価格設定がかなり高くなっているのはデメリットといえそうです。

断熱材が必要な理由

断熱材は、なぜ住宅に必要なのでしょうか?これは外気からの影響を受けにくくする・空調を効きやすくするなどの様々な理由があります。特に住宅の内外での気温差は、家を腐らせる原因になる内部結露につながってしまうので注意が必要です。

外気の影響を受けにくくなる

断熱材があまりない状態だと外気の影響を受けやすくなっており気温の高い夏は暑さを感じやすく、気温の低い冬は寒さを直に受けてしまうようになってしまいます。断熱材を使って断熱性の高い住宅にすることで外の気温に左右されにくい状態にできます。これにより夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごせる住宅にできます。

換気が良くなる

住宅で快適に過ごしていくには、きれいな空気の中で過ごすことが大切です。

2007年に建築基準法が改正されてシックハウス対策として24時間換気システムの設置が義務となっています。そのため、換気がしやすくなり、常にきれいな空気が住宅に入ってくる快適な住まいにすることができます。

空調が効きやすくなる

断熱材を入れることで空調が効率よく機能して、光熱費を抑えることが可能です。空調で設定した温度よりも室内の温度が高かったり低かったりすると、その温度にするのにエネルギーを多く消費してしまいます。

しかし、断熱材を入れることで空調が効きやすくなり、光熱費を抑えることが可能です。また、空調機器の運転時間を減らせるので機械をより長く使えるようになります。

また、エネルギー消費量や二酸化炭素排出量を減らすことにもつながるため、環境にやさしい住宅にもなります。

家の寿命も延びる

国土交通省の「5.住宅・不動産、観光等の分野における消費・投資の拡大<「市場」の活性化>」では日本の住宅寿命は27年とあり、アメリカの67年やイギリスの81年と比較すると、日本の家の寿命は短めです。これは、気温差により住宅の外側だけでなく内側の構造体にも結露が発生してしまい、住宅を腐らせてしまうことが原因の1つと考えられます。

しかし、住宅の断熱性・気密性を高め、防湿フィルムを貼ることで内部結露の発生を抑えやすくすれば、住宅を長持ちさせやすくなるでしょう。近年の住宅には高気密・高断熱や防湿フィルムを取り入れていることも多くなってきています。

参照元:国土交通省(https://www.mlit.go.jp/common/000219622.pdf)
   

茅ヶ崎に住んでいる20~40代の男女30人に実際に街頭インタビューをし、厳選した注文住宅の画像の中から「住んでみたい家」を1つだけ選んでもらいました! 栄えあるBEST1~3位に輝いた家をさっそく見ていきましょう。
※注文住宅の写真は、茅ヶ崎を施工エリアとするおすすめハウスメーカー・工務店5社の中から選出しています。