注文住宅にはどんな自然素材が使われているのか

公開日: |最終更新日時:

注文住宅を建てるなら、自然素材をふんだんに取り入れた住宅にしたいと思っている人も多いでしょう。ここでは自然素材の特徴や使い方、メリット・デメリットなどを分かりやすく紹介します。自然素材が気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

木材

杉(スギ)

杉は戦後に植林事業として多くのエリアに植えられており、日本国内でもメジャーな木材です。非常に軽く、柔らかい材質なので、非常に加工がしやすい特徴があります。そのため床材や内装の建具に活用されるケースが多いでしょう。 杉は加工がしやすいだけでなく、肌触りも良いというメリットがあるので、乳幼児がいる家庭でも安心して採用することができます。ただ杉特有の香りがあるため、フローリングなど使用面積が広くなる活用は避けた方が良いでしょう。

檜(ヒノキ)

檜と言えば、高級木材として認知されている木材です。メリットは高い強度や耐久性があり、湿気や白蟻にも強いという点。そのため住宅の構造材に使われることも多いでしょう。また檜の香りも癒し効果が期待でき、浴槽やフローリングに使用すれば、全身が檜の香りに包まれるでしょう。また表面がはがれにくく、非常に丈夫なので経年劣化を楽しむこともできる木材です。ほかにも断熱効果が高いなど、メリットが多い木材ですが、ただ価格は高めなので、檜を使いすぎると想定上の費用が発生することがあるので注意が必要でしょう。

松(マツ)

パイン材とも呼ばれ、明るい色が人気の高い木材です。マツは非常に安価でありながら、香りも良いため、フローリングに使われることが多いでしょう。また柔らかい材質なので、加工がしやすいのもメリットの一つ。家具などにも用いられることが多々あります。しかし傷がつきやすく、白蟻被害も受けやすいデメリットがあります。湿気が多く発生する場所で使用すると、白蟻のリスクが高いため、適切な予防をしておくことが大切です。

楢(ナラ)

オークという呼び方のほうが一般的かもしれません。ナラは密度も高く、硬い材質なので耐久性・耐水性に優れているという特徴があり、また板目や柾目、虎斑という木目の美しさも人気の理由でしょう。それらの特徴から船舶や樽などの素材にも活用され、高級家具に用いられることも。さらに他の木材よりもリーズナブルで、傷がつきにくいというメリットがあるため、フローリングに適した木材です。ただ他の木材よりも熱伝導率が高いため、熱を奪われやすいという特徴があり、冬場に床が冷たいと感じることもあるでしょう。

楓(カエデ)

メープルとも呼ばれ、家具や建具など幅広く活用されているでしょう。美しい木目やツヤ、光沢を兼ね備えた木材で、広葉樹のなかでも固い木として周知されており、傷や衝撃にも強い特性があります。そのためフローリング材にもピッタリです。ただしホコリや髪の毛などが目立ちやすく、熱伝導率も高いため冬は冷たい感じがするデメリットがあります。

胡桃(クルミ)

ウォールナットと呼ばれることもあり、チークやマホガニーと世界三大銘木としても有名です。深みのある色やツヤ、滑らかさを持ち、高級家具としても活用されることがあります。また広葉樹なので高い耐久性を持ち、衝撃にも強く、ほかの木材と比べてゆがみや変形もしにくい特徴があるため、フローリングに使用されることが多いでしょう。ただ深みのある色なのでホコリが目立ってしまうデメリットがあります。また量産をしにくい木材なので、割高という点も。

樺桜(カバザクラ)

世界的にはバーチと呼ばれる木材で、桜と色彩や木目が酷似しているため桜の代用として活用されていました。適度な硬さで加工がしやすく、反りやゆがみも起こしにくいためフローリング材としても採用できます。非常にリーズナブルで、経年劣化も楽しめるでしょう。ただ色ムラが少ないカバザクラだと高価になってしまいます。

石材

漆喰

日本において古くから活用されている素材で、天井や壁の仕上げ材として広く活用されています。消石灰に麻・藁の繊維を混ぜ合わせ、海藻のりなどを加えて練り上げた物で、徐々に固くなっていく性質がある素材です。漆喰は高い調湿性を持っており、快適な空間をつくりあげることができるでしょう。ただ漆喰を施工するためには細かな工程を踏む必要があり、工期も長くなってしまう点がデメリットです。

珪藻土

珪藻土のバスマットやコースターなどの商品が人気を集めているため、珪藻土という言葉を聞いた人も多いでしょう。珪藻土は植物性のプランクトンの殻が蓄積し、石灰化したものです。内部に細かな穴が開いており、湿気や水分を吸収・放出する特徴があり、調湿機能や耐熱性、耐火性のある素材なので、壁材として活用されます。ただ固化材がなければ固まらないため、工期が長くなり、施工費も割高になってしまうでしょう。

石材

石材と言っても火成岩・堆積岩・変成岩の3つに大きく分類されます。それぞれで固まるスピードが異なるため、性質も大きく変わる点が特徴的です。外装や屋根材などに活用されるケースが多く、石材でもメジャーな大理石は内装材としても活用されます。石材は種類が豊富で、様々なデザインを創り出すことができる点がメリットでしょう。また研磨をすることで光沢がでる石材もあり、重厚感を演出することも。しかし他の建材よりも加工が難しく、運搬も不便というデメリットがあります。

タイル

磁器質タイル・せっ器質タイル・陶器質タイルに大きく分類され、内装・外装・床などの建材として活用されています。化学物質が含まれていないため、高い健康志向を持つ方々から支持されている素材です。タイルは丈夫で汚れに強いという特徴があり、ランニングコストもかかりにくいというメリットがあるでしょう。ただ初期投資が高くなってしまうというデメリットがあります。

ウール

羊毛を原材料にした繊維系の断熱材です。非常に高い断熱性を持っているだけでなく、優れた調湿性や高い難燃性・吸音性も兼ね備えているメリットもあります。羊毛の断熱材には衣類として利用されなかった「バージンウール」と、古着などで作られた「リサイクルウール」があります。バージンウールの方が断熱性は高いのですが、価格も高くなってしまうという点がデメリットです。またメジャーな断熱材ではないため、施工会社が見つかりにくい場合もあるでしょう。

茅ヶ崎に注文住宅を建てたいと考えている人におすすめの工務店を紹介。今回ご紹介している3社は、ビルトインガレージやリフォームにも対応ができて、受賞歴もある工務店。要望をしっかりと汲み取って、理想の家を提案してくれます。趣味や家族のライフスタイルを大切にしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。(2021年7月調査)