注文住宅の防音対策のポイントとは?

公開日: |最終更新日時:

注文住宅では防音対策も大切です。騒音問題は、マンションに限った話ではありません。家が密集したエリアでは、騒音による隣人トラブルも起きます。同居家族同士でも、生活音が大きいとイライラするのも当然です。大きなトラブルに発展しないよう、防音対策について解説します。

生活音を漏らさない対策

遮音で外に音を漏らさない防音方法

防音対策の一つに、遮音があります。遮音は空気中で伝わる音を遮断することで、外へ音を漏らさない方法です。防音対策の中でも簡単にできる方法として知られています。具体的には、室内の壁の素材に振動を伝えさえない素材を使用して間仕切りを設けるのです。鉄板やコンクリーは音を伝えにくくできるため、遮音に向いている素材です。価格を抑えるなら石膏もあります。

遮音をすれば、外に漏れる音は小さくなるため防音対策として有効です。ただ、室内で音が反響して音が聞こえづらくなる、音に変化が生じるというデメリットもあるのです。他にも、二重ガラスの窓を使う方法もあります。

具体的な遮音方法

床や壁や天井を二重構造にしたり仕切りを設ける

床や壁や天井を二重構造にする方法もあります。床だとコンクリートに直接床を張る施工もありますが、音を遮るという点では弱いのです。そのため、床の二重構造では空間を作った上で床板を貼る方法が取られます。床とコンクリートの間に空間を挟むことで、音の伝わる力も弱まるのです。また、床下へ電気配線や給水管なども設置でき、メンテナンスが楽になる観点からもメリットがあるのです。

壁だと石膏ボードを貼って、内装用クロスを貼り付ける遮断方法、天井だと板材を吊る方法があります。換気用ダクトも設置でき、1階から上階への音の遮断も期待できる方法です。各仕切りの下地に、防音パネルのような防音材を埋め込む方法もあります。生活音の遮断以外にも断熱や結露対策の面でもメリットがあるのです。

配管スペースや配管類を防音対策の道具として利用する

1階や2階の天井と床の間には、排水管があります。排水管自体に防音材を巻くという方法で、排水音の遮音が期待できるのです。壁には配管が通るスペースもありますが下地を厚くする方法もあります。

吸音も部屋の外へ音を漏らさない方法として有効

吸音という防音対策もあります。吸音は音を吸収し、音を反射させないようにする仕組みです。吸音は細かい穴が空いた素材を使います。吸収された音は、穴の内部で拡散して外に漏れません。外に音が漏れないのは遮音と同じですが、室内の音に大きな変化はないです。ただし、吸音性が高くなると反響が消失します。反響させて迫力を出したいという方は物足りなく鳴るリスクもあります。吸音で使用される素材は、ロックウォールやウレタンフォームやグラスウールなどが採用されています。

外の騒音を部屋に入れないための対策

防音塗料や窓や換気設備の位置にこだわる

外からの音は、建物の中に入れない方法があります。道沿いや繁華街などは、エンジン音や通行人の声がどうしても聞こえてくる環境です。防音対策として代表的なのがセラミックの防音塗料で、外壁や屋根に塗ると音を反射できます。セラミックに音を反射させる効果があるためですが、特殊な塗料のため一般的な塗料よりもラジカルやフッ素のように高額な部類に入るのがネックです。

コストを抑えるなら、窓にこだわるのもおすすめです。窓を大きくすると音が入りやすくなるため、小さくするだけでも防音効果が生まれます。家が密集しているエリアなら、隣家の窓から離れた位置に自分の家の窓を設けるもいいでしょう。距離があると音が伝わりにくくなるからです。サッシも二重にすると気密性が高まって音が入り込む隙間を消せます。

換気扇や排気口の位置にもこだわってみてください。換気扇や排気口は空気が流れているため、音が入りやすい箇所です。24時間開放している箇所ですから、繁華街にある家だとずっと人の声が聞こえてきます。換気扇のための防音商品もあるため、徹底して予防をするなら検討してみてください。

家を建てた後にできる防音対策

日常的に手軽にできるのはカーペットやフローリングマット

家を建てたあとで根本的な解決をするなら、リフォームや工事が必要です。ただ、カーペットやフローリングマットやコルクマットを敷く方法なら簡単に対策できます。少なくとも2階から1階への音を防ぎたいなら有効です。カーペットやフローリングマットやコルクマットを敷けば、物を落としても音が伝わりづらくなります。

防音用タイプなら普通のタイプよりも防音効果は強力です。防音対策のために厚みがありますし、音を吸収できます。価格も防音工事やリフォームをするより手軽ですから、すぐに対策したい方におすすめです。

遮音カーテン

遮音カーテンは、通常のカーテンと異なり吸音効果があります。折り方や生地を重層構造にするなど、防音のための工夫が施されているからです。重層構造の防音カーテンの場合、遮光性や遮熱性も期待できるため部屋の環境アップにも一役買ってくれます。ただし、重ければ重いというほど単純なものではありません。

カーテンレールの耐久性も考えなければならないからです。カーテンレールは通常、10キロ程度の重量でも耐えられるものもあります。ただ、耐えられないタイプもあり、重すぎると変形につながるため注意が必要です。開閉にも労力がかかるため、その点も踏まえて適切な遮音カーテンを選んだほうがいいでしょう。

防音テープで隙間を埋めたり家電を壁から離したり

音が流れる隙間を防音テープで防ぐのも対策のひとつです。ドアや窓に防音対策をしても、隙間があればそこから音が漏れたり、外から聞こえてきたりする場合もあります。防音テープを使用すれば手軽に防音対策ができるのです。

壁から家電を少し離すのも、手軽な防音対策です。洗濯機、冷蔵庫などモーター音による振動があります。壁に近いと振動が伝わり、音も大きく響くのです。モーター音がいつも大きく聞こえるなら、壁から離すだけでも解消する可能性があります。ただ、離せないなら壁側にタンスや食器棚などの大きな家具を置いてみてください。壁を伝って音が響いてきても、家具に邪魔されて反響予防になります。

家を建てる前に特に意識しておきたい防音のポイント

家を建てる前に、防音対策で考えておきたい根本的なポイントがあります。家を建てる場所には、特に注意が必要です。道路や家が密集している場所ではなく、離れた位置に建てる選択ができるなら検討してみてください。密集している場所、人や車の交通量が多い場所はどうしても騒音問題が出やすいからです。プライバシーの観点からも、本当にいいのか検討してみてください。離れた場所なら、少なくとも外部からの騒音対策は不要になります。

各部屋すべてに、防音対策が本当に必要か考えてみてください。防音対策のコストは、50万以上必要です。すべての部屋にすると予算が大きくなるだけです。たとえば、演奏の練習をする部屋、音が伝わりやすい場所にピンポイントで対策をするだけでもコストを削れます。生活音か、それとも楽器の防音をしたいのかも踏まえて考えれば、効率的な防音対策ができるでしょう。

茅ヶ崎に注文住宅を建てたいと考えている人におすすめの工務店を紹介。今回ご紹介している3社は、ビルトインガレージやリフォームにも対応ができて、受賞歴もある工務店。要望をしっかりと汲み取って、理想の家を提案してくれます。趣味や家族のライフスタイルを大切にしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。(2021年7月調査)